富弘美術館

富弘美術館は群馬県みどり市にあり、星野富弘の作品を展示する美術館である。

1991年、東村(当時)草木の草木湖のほとりに、星野富弘の作品を展示する村立富弘美術館が開館した。ふるさと創生資金を活用し、使われなくなっていた老人福祉施設を改造して、美術館にしたものである。

この頃すでに、全国各地で開催されていた「花の詩画展」やテレビ番組、また教科書に掲載された随筆などによって、彼の名は広く知られていたことから、富弘美術館は開館当初から多くの入場者が訪れ、大手旅行会社は日光や太平山、あしかがフラワーパークなど近隣の観光地と組み合わせたパッケージツアーを企画した。

2002年には入館者が400万人を超えるまでになったが、古い建物を改造した美術館は手狭となり、また建物の老朽化を早めることとなった。

このため、東村(当時)は新しい美術館を建てることとなり、新富弘美術館建設国際設計競技を行って、最優秀賞に選ばれたヨコミゾマコトの作品をもとに、旧館の隣に新館の建設に着手、2005年4月16日に新しい富弘美術館が開館した。

2005年8月、近接の商業施設(草木ドライブイン)と併せ、道の駅に登録された(道の駅富弘美術館)。

富弘美術館
名称
富弘美術館(とみひろびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

12月−3月の月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)
年末年始(12月26日−1月4日)
展示替えのため、臨時休館することがあります。

TEL
0277-95-6333
FAX
0277-95-6100
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 500円 (400円)
小中生 300円 (240円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障害者と付添人1名は5割引、身障者手帳要提示

所在地
〒372-0302
群馬県みどり市東町草木86

アクセス

【電車でのご来館は】

  • 東武伊勢崎線ご利用の場合
    浅草→相老(東武線特急りょうもう号で1時間50分)
    相老→神戸(わたらせ渓谷線で45分)
  • JR線利用の場合
    小山→桐生(JR両毛線普通で1時間)
    高崎→桐生(JR両毛線普通で45分)
    桐生→神戸(わたらせ渓谷線で50分)
  • 神戸→美術館(路線バスで10分美術館下車)
    (徒歩では約1時間)

【お車でのご来館は】

  • 伊勢崎I.Cから(約45分)
    上武国道(国道17号線)より県道73号線に入り、赤堀・大間々方面に向かって、大間々から美術館。
    伊勢崎I.C→大間々→美術館
  • 赤城I.Cから(約1時間20分)
    国道353号線で大胡、大間々へ、大間々より国道122号線で美術館。
    赤城I.C→大胡→大間々→美術館
  • 宇都宮I.Cから(約1時間20分)
    宇都宮I.Cより日光宇都宮道路へ、清滝I.Cより国道122号線で美術館。
    宇都宮I.C→清滝I.C→足尾→美術館
  • 佐野・藤岡I.Cから(約1時間30分)
    国道50号線で桐生方面へ、岩宿の信号から国道122号線で美術館。
    佐野・藤岡I.C→桐生→大間々→美術館

富弘美術館 展示品

  • ねぎぼうず(1985)
  • 母子草(1984)
  • 豚(1986)
  • 老木(1985)
  • 空(1986)
  • ただ一つ(1989)
  • さざんか(1995)
  • やぶこうじ(1986)
  • いのち(1986)
  • ねこやなぎ(1982)
  • 日日草(1985)
  • 悲しみの意味(2002)

展示画家(富弘美術館)