大川美術館

大川美術館は、群馬県桐生市水道山の中腹にある美術館である。同市出身の実業家である大川栄二が40年間かけて集めたコレクションが展示されている。1988年に開館。

建物は、元第一勧業銀行社員寮を松本莞(松本竣介子息)の設計により増築・改装したもので、山の中腹に斜面に沿って建つスキップフロア方式。

日本の近代洋画を中心に6,500点を超えるコレクションを有している。

松本竣介(1912~48年)と野田英夫(1908~39年)のコレクションに関しては日本最大で、松本竣介を中心とした「人脈」に注目し、師弟・同グループ・友人・影響関係などのつながりのある作家の作品を収集するユニークなコレクションを形成している。代表的な収蔵作品に、松本竣介《街》(1938年)、《運河風景》(1943年)、野田英夫《都会》(1937年)などがある。

その他に、ピカソミロルオーベン・シャーンらの西洋美術、藤島武二のエスキース、難波田龍起・史男・紀夫、清水登之らのまとまったコレクションを所蔵、展示しており、地方都市の私立美術館としては比類ない充実度を誇る美術館である。

大川美術館
名称
大川美術館(おおかわびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)
年末年始

TEL
027-746-3300
FAX
027-746-3350
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般   1,000円
大・高生  600円
中小学生 300円

所在地
〒376-0043
群馬県桐生市小曾根町3-69

アクセス

電車をご利用の場合

東京方面から

  • 東武伊勢崎線・浅草駅より、赤城行き特急「りょうもう号」で、新桐生駅まで100分。北千住駅より新桐生駅まで90分。新桐生駅より美術館までタクシーで10分。
    特急「りょうもう号」は、全席指定で片道2160円です。

高崎・小山方面から

  • JR両毛線・桐生駅より徒歩13分。 
    *東京方面からJR線をご利用の場合は、上野→小山→桐生 もしくは 上野→高崎→桐生となります(所要時間約130分)。

前橋方面から

  • 上毛電鉄・西桐生駅より徒歩8分。

自動車をご利用の場合

  • 北関東自動車道・伊勢崎I.C.より、68号線経由で30分(北関東自動車道は関越自動車道・高崎JCTより分岐します)。
  • 東北自動車道・佐野藤岡I.C.より、国道50号線・122号線経由で50分。 
  • 関越自動車道・高崎I.C.より60分。東松山I.C.より60分。

*駐車場は、美術館向かいの「水道山公園駐車場」(無料・20台)をご利用下さい。

大川美術館 展示品

  • 松本竣介《街》、《運河風景》
  • 野田英夫《都会》

その他の展示作家例

ジョアン・ミロ、ベン・シャーン、藤島武二、難波田龍起・史男・紀夫、清水登之、テオドール・ジェリコー、オーギュスト・ルノワール、ジャン・フランソワ・ミレー、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ルオー、アンリ・マティス、ピエール・ボナール、エドワール・マネ、ポール・シニャック、パウル・クレー、エゴン・シーレ、イサム・ノグチ、アンディ・ウォーホル、ヘンリー・ムーア、マリー・ローランサン、ポール・ゴーギャン、マルク・シャガール、浅井 忠、和田英作

展示画家(大川美術館)