広瀬川美術館

広瀬川美術館は群馬県前橋氏の水と緑と詩の前橋を象徴する広瀬川の遊歩道沿いにあるノスタルジックな印象の建物です。

戦災で焼け野原になった前橋・広瀬川の畔生家跡地に郷土画家近藤嘉男が建築したアトリエ及び絵画教室を、没18年後の平成9年に美術館として改築・開館しました。国指定有形文化財建築となってます。

広瀬川美術館
名称
広瀬川美術館(ひろせがわびじゅつかん)
開館時間
11:00−19:00
休館日

月曜日

TEL
027-231-7825
FAX
027-234-7015
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

500円

所在地
〒371-0022
群馬県前橋市千代田町3-3-10 広瀬川厩橋畔

アクセス

JR 「前橋駅」 より市内バス 「千代田町3丁目」 より1分
関越自動車道 「前橋I.C.」 より10分 (駐車場隣接)

広瀬川美術館 展示品

前橋市出身の洋画家 近藤嘉男の作品を展示している。

近藤嘉男 「分有の鳥」
近藤嘉男 「人形のある風景」
近藤嘉男 「貝のある静物」
近藤嘉男 「夏の日(ガッシュ)」
近藤嘉男 「ローゼンベルグ」