群馬ガラス工芸美術館

群馬ガラス工芸美術館は、群馬県渋川市にあるアール・ヌーヴォーのガラス工芸を展示する私立の美術館である。

19世紀末から20世紀初頭のアール・ヌーヴォー期の代表的なガラス工芸作家、エミール・ガレドーム兄弟ガブリエル・ルソーヴィクトール・ワルターなどの作品約200点が展示されている。

また、家具作家ルイ・マジョレルの書斎を移築し再現した部屋が観覧できる。

名称
群馬ガラス工芸美術館(ぐんまがらすこうげいびじゅつかん)
開館時間
4月-6月  9:00-17:00
7月-11月 9:00-17:30
12月-3月 9:30-16:30
休館日

水曜日(但し、祝祭日は開館)
※8・11月は無休

TEL
0279-20-1101
FAX
0279-20-1116
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人  1000円 (800円)
大学・高校生 800円 (600円)
中学・小学生 600円 (400円)
※()内は20名様以上、団体割引

所在地
〒377-0000
群馬県渋川市折原4204

アクセス

電車でお越しの場合

  • 新特急「草津号」「水上号」上野駅~渋川駅直通
    所要時間:1時間45分
  • 上越新幹線 東京駅~高崎駅 所要時間:47分
    上越線 高崎駅~渋川駅 所要時間:25分

渋川駅から「伊香保温泉」行きバスで「六本松」停留所下車

車でお越しの場合

  • 関越自動車道 練馬I.C.から渋川伊香保I.C.まで(練馬から103Km)
  • 一般道 渋川・伊香保I.C.下車、国道17号線経由で伊香保温泉方面(伊香保榛名道路「33号」)

群馬ガラス工芸美術館 展示品

19世紀末から20世紀初頭のアール・ヌーヴォー期の代表的なガラス工芸作家、エミール・ガレやワルター、ドーム兄弟、ガブリエル・アージー・ルソーらの作品約150展を常設展示しています。

ガレの「湖」・「花」、ドームの兄弟の「冬景色」、ワルターの「小動物たち」のシリーズや、家具作家ルイ・マジョレルの書斎を移築し再現した部屋が観覧できます。

展示画家(群馬ガラス工芸美術館)