秋田市立千秋美術館

秋田市立千秋美術館は秋田総合生活文化会館・美術館(愛称アトリオン)内に1989年に開館された市立美術館である。前身は秋田市美術館。

収蔵作品は戦後ニューヨークで活躍した岡田謙三の作品や小田野直武佐竹曙山などの秋田蘭画、郷土ゆかりの画家・写真家の作品を中心に集められている。

文化施設と企業体が合わさった複合施設であるアトリオンビルの2・3Fに所在し、岡田謙三記念館を併設する。

普及活動もさかんで、図書室は一般に開放されており、企画展の鑑賞となるような講演なども随時開いている。1Fはロビーになっており、チケット売り場とミュージアム・ショップになっている。

秋田市立千秋美術館
名称
秋田市立千秋美術館(あきたしりつせんしゅうびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日

年末年始

TEL
018-836-7860
FAX
018-836-7862
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展・コレクション展

一般 300円 (240円)
高・大生 200円 (160円)
小・中学生 無料
( )は、20人以上団体割引料金

企画展

各企画で異なりますが、常設展・コレクション展もあわせてご覧になれます。

所在地
〒010-0001
秋田県秋田市中通2-3-8 アトリオン内

アクセス

電車
JR秋田駅西口下車徒歩5分

空港
秋田空港よりリムジンバスで約40分、タクシーで約30分


秋田自動車道 秋田中央I.Cから車で約15分
当館専用駐車場はございませんので、最寄りの有料駐車場をご利用ください。

秋田市立千秋美術館 展示品

【岡田謙三作品】

秋田市市制100年と千秋美術館の開館を記念して夫人(岡田きみ)より95点の作品が寄贈された。購入した作品も合わせて100点以上が収蔵されており、そのうち20~30点の作品を常時展示している。

  • 『室内』(1936)
  • 『子孫』(1959)
  • 『黒と銀』(1965-66)
  • 『青』(1971)

【秋田蘭画】

  • 小田野直武 『児童愛犬図』
  • 佐竹曙山 『蘭画写生帖』『湖山風景図』

【日本画】

  • 平福百穂 『獅子図』
  • 寺崎廣業 『唐美人』
  • 高橋萬年 『永代橋』
  • 谷文晃 『江山晩煙』
  • 福田豊四郎 『福田薬局』
  • 平福穂庵 『三顧草廬図』
  • 白雲 『秋山晩煙』

【洋画】

  • 小西正太郎 『赤い着物の女』
  • 紺野五郎 『けものみち・散歩道』
  • 田口省吾 『岩礁』
  • 金沢秀之助 『岩礁』
  • 廣幡憲 『カンナの絵』

【写真】

  • 木村伊兵衛 『おばこ』(1953)
  • 大野源二郎 『丸子川の景(大曲)』(1951)
  • 岩田幸助 『雪道(横手)』(1953)

展示画家(秋田市立千秋美術館)