萬鉄五郎記念美術館

萬鉄五郎記念美術館は岩手県花巻市にある、洋画家萬鉄五郎の作品を展示した美術館。1984年5月1日に開館。

「萬と土沢」をテーマに、萬の油彩画・水墨画・素描などの作品にあわせ、ノート・書簡・写真などを収蔵・展示している。

美術館は萬の生地である土沢が一望できる、彼がこよなく愛した「舘山」に設立。また、萬鉄五郎生家の土蔵を移築した八丁土蔵では、ハイビジョンで萬鉄五郎の作品や生涯を紹介している。

萬 鉄五郎

萬 鉄五郎(よろず てつごろう、萬 鐵五郎、1885年 - 1927年)は洋画家。岩手県和賀郡東和町(現在の花巻市)出身。

1912年、岸田劉生や高村光太郎らの結成したフュウザン会に参加している。アカデミックな画風が支配的であった日本洋画界に、当時の前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した。晩年は日本画の制作や南画の研究も行った。

名称
萬鉄五郎記念美術館(よろずてつごろうきねんびじゅつかん)
開館時間
8:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始

TEL
0198-42-4402
FAX
0198-42-4405
入場料

一般 400円(350円)
大学・高校生 250円(200円)
小・中学生 150円(100円) 
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展の場合、上記と異なる場合があります

所在地
〒028-0114
岩手県花巻市東和町土沢5区135

アクセス

JR釜石線「土沢駅」から徒歩10分

萬鉄五郎記念美術館 展示品

萬鉄五郎の油彩画・水墨画・素描などの作品にあわせ、ノート・書簡・写真などを収蔵・展示している。

  • 萬鉄五郎 《農村風景》
  • 萬鉄五郎 《軽業師》
  • 萬鉄五郎 《丘のみち》

展示画家(萬鉄五郎記念美術館)