鷹山宇一記念美術館

鷹山宇一記念美術館は青森県上北郡七戸町にある、鷹山宇一を記念して建てられた美術館。1994年8月1日に開館。

日本の稀有な幻想画家として活躍した七戸町出身の画家鷹山宇一の油彩や、七戸町ゆかりの鳥谷幡山平野四郎上泉華陽の作品も収集・展示する。

そのほか鷹山宇一が収集した19世紀後半の装飾卓上ランプのコレクションを展示するランプ館、国の重要有形民俗文化財の絵馬を展示する絵馬館、建築家ガウディ設計の椅子やスペインのアンティーク陶器を展示するスペイン民芸史料館がある。

名称
鷹山宇一記念美術館(たかやまういちびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始

TEL
0176-62-5858
FAX
0176-62-5860
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円
学生 300円
小中学生 100円

所在地
〒039-2501
青森県上北郡七戸町荒熊内67-94

アクセス

  • JR東北本線「青森駅」より十鉄バス「十和田市行き」にて「七戸文化村」下車・徒歩1分
  • JR東北新幹線「八戸駅」乗換え、東北本線「三沢駅」下車、十鉄バス七戸行で1時間、「七戸文化村前」下車すぐ


八戸自動車道八戸JCTより百石道路、第二みちのく道路経由「三沢IC」より40分

鷹山宇一記念美術館 展示品

鷹山宇一、鳥谷幡山、平野四郎、上泉華陽の作品も展示している。そのほか19世紀後半の装飾卓上ランプや絵馬、建築家ガウディ設計の椅子やスペインのアンティーク陶器を展示している。

  • 鷹山宇一 《森の花》
  • 鷹山宇一 《早春賦》
  • 鷹山宇一 《小さな世界》

展示画家(鷹山宇一記念美術館)