奈良県立美術館

奈良県立美術館は奈良県奈良市にある美術館。1973年に開館。風俗史研究家・日本画家の吉川観方から寄贈された近世日本画、浮世絵、美術工芸品のコレクションを基礎に開館した。

後に、同じく近世日本絵画や浮世絵などからなる由良哲次のコレクション、奈良県出身の工芸家・富本憲吉の作品コレクション、具体美術協会ほか日本の戦後現代美術のコレクターであった大橋化学工業株式会社社長・大橋嘉一氏のコレクションを収集した。現在所蔵品は4,200点を超える。

奈良県立美術館
名称
奈良県立美術館(ならけんりつびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00
特別展の場合は毎週金・土曜日21:00まで
(入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
年末年始(12月28日−1月4日)
展示入替期間

TEL
0742-23-1700
FAX
0742-22-7032
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

館蔵品展
一般  400円(300円)
大高生 250円(200円)
中小生 150円(100円)
※( )は20名以上の団体料金
※特別展は別途料金を定めます

所在地
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町10-6

アクセス

公共交通機関

近鉄奈良駅1番出口から徒歩5分
JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車、すぐ

お車

東京・名古屋より
東名阪有料道路、名阪国道利用で天理インター下車

京都より
京奈和自動車道または国道24号線利用

大阪より
第二阪奈道路利用で終点宝来ランプ下車
西名阪自動車道利用で天理インター下車

当館には専用駐車場がありませんので近辺の有料駐車場をご利用下さい。

奈良県立美術館 展示品

絵画

  • 《秋冬山水図》
  • 《洛中洛外図》
  • 《伝 淀殿画像》
  • 曾我蕭白 《美人図》
  • 竹内栖鳳 《保津川》
  • 久米桂一郎 《清水秋景図(山径晩暉)》
  • 普門暁 《鹿、青春、光り、交叉》
  • 浜田葆光 《水辺の鹿》
  • 上村松園 《春宵》
  • 絹谷幸二 《チェスキーニ氏の肖像》
  • 平山郁夫 《長安の残輝》
  • 須田剋太 《新緑の東大寺》
  • 白髪一雄 《作品》
  • 白髪一雄 《十界の内、天・人間界》
  • 久保晃 《Composition 89》
  • 絹谷幸二 《チェスキーニ氏の肖像》
  • 田中敦子 《作品》

浮世絵

  • 東洲斎写楽 《松本米三郎のしのぶ》
  • 歌川広重 《名所江戸百景・亀戸梅屋舗》
  • 西川祐信 《美人若衆見立高砂図》
  • 歌川広重 《魚づくし・いなだとふぐ》

書跡

  • 豊臣秀吉 《豊臣秀吉朱印状 柘植左京亮宛》

彫刻

  • 柳原義達 《犬の唄》

工芸

  • 富本憲吉 《白磁八角壺》
  • 富本憲吉 《磁器色絵円に花模様大角飾筥》
  • 富本憲吉 《磁器赤地金銀彩羊歯模様蓋付飾壺》
  • 《白絖地菊水文様絞染小袖》
  • 《萌葱縮緬地柳櫻桜筏文様染繍小袖》
  • 《紅縮緬地垣に柳桜若松文様繍打掛》

展示画家(奈良県立美術館)