川越市立美術館

川越市立美術館は、川越市市制施行80周年に当たる2002年(平成14)12月1日(川越市民の日)に開館しました。

川越城趾(二の丸跡)に位置することから歴史的建造物および隣接する川越市立博物館との調和を図り、さらに蔵造り商家の要素を加えた外観により、川越の特色を表現。

博物館に対して南西に約6度開き、奥行きを持たせることにより博物館との連携、美術館の独立性を保つように空間を演出しています。

川越市立美術館は、郷土ゆかりの作家・作品などを中心に、地域や時代を含め、さまざまな交流が身近に感じていただける文化施設を目指しています。

また、質の高い、多様な美術文化に触れる機会を設けるとともに創作・発表活動を支援し、生涯を通じ、積極的に学習・表現等に取り組むためのものでもあります。

それは、訪れる方の心を豊かにすると同時に多くの個人および団体、さまざまな機関や施設の交流により市民に開かれ、まちづくりを視野に入れた、アートシーンを創造するものです。

名称
川越市立美術館(かわごえしりつびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(休日を除く)
休日の翌日(土・日曜日を除く)
年末年始(12月28日−1月4日)

TEL
049-228-8080
FAX
049-228-7870
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

[常設展観覧料】
一般 200円(160円)
大学生・高校生 100円(80円)
小・中学生 無料

特別展は展示ごとに設定します。
*常設展=常設展示室・相原求一郎記念室の展示
*特別展=企画展示室の展示
*( )内は20人以上の団体観覧料

所在地
〒350-0053
埼玉県川越市郭町2-30-1

アクセス

【鉄道・バス】
東武東上線・JR埼京線・JR川越線[川越駅]または西武新宿線[本川越駅]から東武バス(蔵のまち経由)「札の辻」下車・徒歩7分

【自動車】
関越自動車道川越インターチェンジから

  1. 川越市街方面(右方向)に進みます。
  2. 国道16号に入り、脇田新町交差点を右折します。
    一般道合流から脇田新町交差点までは約1キロメートル、国道16号は右側2レーンが右折になります。
    右折後は、西武新宿線を立体交差で越え、しばらくすると左カーブになります。
    左のレーンを走っているほうがわかりやすいと思われます。
  3. 国道16号と国道254号が合流。
    左カーブ先の交差点で板橋方面から来る国道254号と合流します。
    その先、左にトヨタのディーラーを過ぎると国道が16号と254号に分かれます。
    左方向の国道254号(東松山方面)に進み、右レーンを走行してください。
  4. 小仙波交差点(アーチのある歩道橋)を過ぎ、2つ目の信号を左折してください。
    小仙波交差点を過ぎてから途中で左レーンに移ってください。
    左折まで約1.5キロメートルあり、2つめの交差点「博物館前」を左折してください。
    そこから道なりに進むと美術館と博物館があります。
  5. 駐車場(乗用車50台収容)は建物と道を隔てて反対側(進行方向左側)にあります。

川越市立美術館 展示品

  • 井上安治 「東京真画名所図解 駿河町夜景」
  • 岩崎勝平 「薬水を汲む」
  • 相原求一朗 「自転車のある風景」
  • 内田静馬 「時の鐘」
  • 小茂田青樹 「豊穣」
  • 小泉智英 「川越の春」
  • 小村雪岱 「おせん(すすき)」
  • 齋藤研 「旅」
  • 橋本雅邦 「渓山雲霧」

展示画家(川越市立美術館)