出光美術館(門司)

出光美術館(門司)は福岡県北九州市の門司港レトロ地区にある美術館。2000年に開館。東京にある出光美術館の分館で、出光コレクションを展示している。

出光美術館(門司)

建物は大正期に建てられた出光興産の資材備蓄庫を改装・増築したもので、レトロな雰囲気に包まれた個性あふれる美術館となっている。建築設計は松本陽一

展示は日本の書画、中国・日本の陶磁器が中心で、コレクションからテーマに沿った年数回の展覧会を開催。また、アメリカの抽象画家サム・フランシスの大型作品をコレクションから数点厳選し、ロビーに展示している。

サム・フランシス

サム・フランシス(Sam Francis, 1923年 - 1994年)は、20世紀のアメリカの、アンフォルメルや抽象表現主義の流れを汲む色彩画家。カリフォルニア州サン・マテオに生まれ。

第二次大戦中、飛行訓練中の事故によって入院していた時に絵を描きはじめた。絵画と美術史を学び、1950年、パリに渡って抽象画家として認められる。

フランシスは1957年、世界旅行中に初めて日本を訪れる。これ以後の彼の作品の、余白を生かした画面構成、「にじみ」の効果を生かした表現方法などには、日本美術の影響が見られる。

出光美術館(門司)
名称
出光美術館(門司)(いでみつびじゅつかん(もじ))
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝・休日の場合は開館)
年末年始、展示替期間

TEL
093-332-0251
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 600円
高大生 400円
中学生以下 無料(保護者の同伴が必要)
※団体20名以上 各100円引

所在地
〒801-0853
福岡県北九州市門司区東港町2-3

アクセス

JR「門司港」駅より徒歩8分(門司港レトロ地区内、レトロ駐車場前)

出光美術館(門司) 展示品

  • サム・フランシス 《無題》
  • サム・フランシス 《ブライト・リング#4》
  • サム・フランシス 《イエロー・ポールズ》
  • サム・フランシス 《ブルー・アーク》
  • サム・フランシス 《ペルセフォネ あるいは 闇の絵画》

出光コレクションを展示。
出光コレクションは出光美術館(東京本館)に記載。

展示画家(出光美術館(門司))