千葉県立美術館

千葉県立美術館は、千葉県千葉市中央区中央港にある美術館。千葉県ゆかりの美術家の作品を重点的に収集している。昭和49年に開館。

約1万坪(33,000㎡)の敷地に平屋建ての全8室からなる展示室は、全室を通じて段差がない。車椅子の無料貸出、車椅子で利用できるトイレを備え、介助犬をともなう入館も受け入れを行っている。

コレクションは日本画、洋画、彫刻、工芸、書、版画の区分で、約2,300点を収集。千葉県にゆかりのある作家の作品を中心に、日本内外の美術家の作品がある。

日本画では、千葉市出身の画家石井林響東山魁夷の作品など。また洋画では、浅井忠のほか、梅原龍三郎の作品など、水彩画では小堀進を収蔵している。

また、香取秀真津田信夫宮之原謙等、工芸史上代表的な作家の作品や、浜口陽三池田満寿夫深沢幸雄等、版画史上代表的な作家の作品、海外ではミレー等バルビゾン派の作品などがある。

玄関前には、佐倉市出身の画家浅井忠の像が置かれている。直接触って鑑賞できる彫刻作品を常置、館庭には野外彫刻を展示している。

千葉県立美術館
名称
千葉県立美術館(ちばけんりつびじゅつかん)
開館時間
9:00−16:30
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始

TEL
043-242-8311
FAX
043-241-7880
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 300円
高校・大学生 150円
小・中学生 無料

企画展
一般 500円
高校・大学生 250円
小・中学生 無料 

※65歳以上、障害者手帳保持者は無料です。
※企画展・特別展の料金はその都度設定します。

所在地
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-10-1

アクセス

  • JR京葉線・千葉都市モノレール 「千葉みなと」駅下車 徒歩約10分
  • JR総武線「千葉」駅下車東口バスのりばから 「千葉ポートタワー」行 「美術館・中央郵便局」下車 徒歩1分
  • (東京方面から)東関東自動車道「湾岸習志野」I.Cから約20分
  • (成田方面から)京葉道路「穴川」I.Cから約20分
  • (東金方面から)京葉道路「松ケ丘」I.Cから約20分
    駐車場 無料駐車場97台

千葉県立美術館 展示品

日本画

  • 石井林響 《木華開耶姫》
  • 東山魁夷 《春雪》

他に、富取風堂、関主税、松尾敏男、後藤純男 等

洋画

  • 浅井忠 《漁婦》
  • 梅原龍三郎 《竹窓読書図》
  • 小堀進 《海(白浜)》
  • ジャン・フランソワ・ミレー 《垣根に沿って草を食む羊》
  • アントニオ・フォンタネージ 《牛を追う農婦》

他に、石井柏亭、梅原龍三郎、安井曾太郎、小堀進、コロー、クールベ、 ルノワール、アントニオ・フォンタネージ 等

彫刻

  • 高村光太郎 《裸婦坐像》

他に、佐藤忠良、舟越保武、柳原義達、高田博厚、大須賀力、ブールデル 等

工芸

  • 香取秀真 《鳩香炉》
  • 津田信夫 《鳳翔薫炉》

他に、高村豊周、宮之原謙、帖佐美行、信田 洋、 秋山逸生、藤田喬平 等

  • 高澤南総 《春風秋月》

他に、石井雙石、浅見喜舟、大石隆子 等

版画

  • 浜口陽三 《パリの屋根》

他に、深沢幸雄、池田満寿夫 等

展示画家(千葉県立美術館)