滋賀県立近代美術館

滋賀県立近代美術館は滋賀県大津市にある美術館。琵琶湖と比良・比叡の山並みを望む瀬田丘陵で、滋賀県立図書館、滋賀県立埋蔵文化財センター、茶室『夕照庵』等があるびわこ文化公園の文化ゾーンの一角にある。1984年8月に開館。

コレクションは日本美術院を中心とした近代日本画、郷土滋賀県ゆかりの美術、戦後のアメリカと日本を中心とした現代美術。展示室の一角に「小倉遊亀コーナー」が設けられており、滋賀県大津市出身の日本画家・小倉遊亀の作品を常時20点程展示している。

滋賀県立近代美術館
名称
滋賀県立近代美術館(しがけんりつきんだいびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
年末年始

TEL
077-543-2111
FAX
077-543-4220
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 350円(280円)
高・大生 250円(200円)
小・中生 120円(100円)
( )内は20名以上の団体料金

企画展
その都度、別に定めます。

所在地
〒520-2122
滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

JR琵琶湖線(東海道本線)「瀬田駅」からバス「滋賀医大」行にて「文化ゾーン前」下車、徒歩5分。
(バスは瀬田駅前1番乗り場から「帝産湖南交通バス」が、2番乗り場から「近江バス」が発着しています)
なお、瀬田駅はJR京都駅から普通列車で約17分、JR大阪駅から快速列車で約46分。新快速列車は停まりませんのでご注意下さい。

タクシー利用の場合

「瀬田駅」から約15分(美術館の入り口まで乗り入れできます)。
(帰路のタクシーは、エントランス受付裏の公衆電話から依頼すれば、美術館の通用門前まで乗り入れてもらうことができます)
なおタクシーは文化ゾーン北ゲートからは入れません。美術館入口まで入る場合は約1キロ先の東ゲートまでう回しますので、ご注意下さい。

自家用車をご利用の場合

文化ゾーン駐車場3か所(約320台収容可能、無料)
名神・新名神高速道路経由の場合:草津田上インターから3分

滋賀県立近代美術館 展示品

  • 下村観山 《鵜鴎図》《観音図》《維摩図》
  • 菱田春草 《雪の山》《落葉》《雪後の月》
  • 速水御舟 《菊写生帳》《洛北修学院村》《鴫・柿・実》《遊魚》《近江名所図屏風》国重要文化財
  • 小倉遊亀 《童女入浴図》《受洗を謳う》《夏の客》《家族達》《憩う》《姉妹》
  • 幸野楳嶺 《鳴門山水図》
  • 森口華弘 《羽 衣》
  • 野口謙蔵 《夕日の家とひまわり》《五月の風景》
  • 山元春挙 《しぐれ来る瀞峡》《高嶽爽気図》
  • 冨田溪仙 《宇治川之巻-木幡》《雲上鶴図》
  • 森寛斎 《春秋花鳥図》重要文化財 《近江名所図屏風》
  • 小茂田青樹 《四季草花図》より 《冬》
  • 北野恒富 《鏡の前》
  • 野村文挙 《嵐山・高雄図》より 《高雄図》
  • 岸竹堂 《月下吼狼図》
  • アンリ・マティス 《オセアニア 海》《オセアニア 空》
  • マーク・ロスコ 《ナンバー28》
  • アンディ・ウォーホル 《マリリン》《キャンベル・スープ》《フラワーズ》《電気椅子》
  • サム・フランシス 《サーキュラー・ブルー》
  • フランク・ステラ 《バルパライソ・フレッシュ》《イスファハーン》《ブラック・シリーズII》8点組
  • パブロ・ピカソ 《パピエ・コレ》《ヴァイオリンとびん》《ひぴのはいったラム洒のびん、グラス、新聞》
  • ジャスパー・ジョーンズ 《ノー》
  • クルト・シュヴィタス 《gc》

展示画家(滋賀県立近代美術館)