三重県立美術館

三重県立美術館(Mie Prefectural Art Museum)は三重県津市にある美術館である。1982年に開館。

コレクションは明治期以降の日本近代洋画作品が中心。また、日本の作家たちに影響を与えた海外の作品、さらに近世以後の三重県にゆかりの深い美術家の作品など5000点を超える作品を収蔵、展示している。

名称
三重県立美術館(みえけんりつびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日休日の場合開館)
祝日休日の翌日(土曜日曜は開館)
年末年始(12月29日−1月3日)

TEL
059-227-2100
FAX
059-223-0570
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展示
展覧会により異なります。

常設展示(常設展示と柳原義達記念館のセット)
一般 300円(240円)
高・大生 200円(160円)
小・中生および65歳以上の方無料
(  )内は20人以上の団体割引料金

所在地
〒514-0007
三重県津市大谷町11

アクセス

交通機関ご利用の場合:

  • 津駅(JR線・近鉄)西口より徒歩10分
  • 津駅西口より三重交通バス循環 津駅西口(むつみが丘・つつじが丘経由行き、または総合文化センター行き2分、美術館前下車徒歩1分

自家用車でお越しの場合:

伊勢自動車道津インターチェンジより約15分、料金所を出られてすぐに左折していただくと、美術館への標識が要所にございます。

駐車場
収容台数は約130台ですが、展覧会によっては混雑のため駐車できない場合もありますので、可能なかぎり公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

三重県立美術館 展示品

  • 靉嘔 《Mr.& Mrs. Rainbow gymnastics No.1》
  • 浅井忠 《小丹波村》
  • 浅井忠 《大仏殿(平城)》
  • 池田満寿夫 《愛の瞬間》
  • 岩橋教章 《鴨の静物》
  • 歌川広重 《丸清版・隷書東海道五十三次》
  • 瑛九 《渡り鳥》
  • 瑛九 《裸婦》
  • 狩野探幽 《山水図》
  • 狩野探幽 《瀧之図》
  • 川合玉堂 《遠山雪》
  • 川合玉堂 《板橋帰馬》
  • 岸田劉生 《麦二三寸》
  • 岸田劉生 《照子素画》
  • 北川民次 《瀬戸十景》
  • 北川民次 《海への道》
  • 黒田清輝 《薔薇の花》
  • 古賀春江 《煙火》
  • 小林古径 《麦秋》
  • 佐伯祐三 《米子像》
  • 佐伯祐三 《サンタンヌ教会》
  • 竹内栖鳳 《虎・獅子図》
  • 司馬江漢 《三囲之景図》
  • 中村彝 《自画像》
  • 中村彝 《髑髏のある静物》
  • 林武 《裸婦》
  • 菱田春草 《薊に鳩図》
  • 藤田嗣治 《闘牛》全3点
  • 三岸好太郎 《二人の道化》
  • 棟方志功 《涼湖の柵》
  • 棟方志功 《合浦浜まい瑰華の柵》
  • 安井曾太郎 《裸婦》
  • 安井曾太郎 《女立像》
  • 横山大観 《満ちくる朝潮》
  • 与謝蕪村 《千巌図》
  • 和田英作 《富士》
  • 藤島武二 《浜辺》
  • 前田青邨 《春》
  • フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 《アルベルト・フォラステールの肖像》
  • フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 《戦争の惨禍》全80点
  • フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 《闘牛技》全40点
  • フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 《妄》18点
  • オシップ・ザッキン 《ヴィーナスの誕生》
  • マルク・シャガール 《サーカス》
  • マルク・シャガール 《枝》
  • アルベルト・ジャコメッティ 《正面向きの裸婦》
  • アルベルト・ジャコメッティ 《立てる裸婦》
  • サルバドール・ダリ 《パッラーディオのタリア柱廊》
  • ラウル・デュフィ 《パッラーディオのタリア柱廊》
  • オノレ・ドーミエ 《古代史》全50点
  • エドガー・ドガ 《裸婦半身像》
  • ベン・ニコルソン 《パロスの木》
  • イサム・ノグチ 《スレート》
  • パブロ・ピカソ 《ロマの女》
  • パブロ・ピカソ 《ふたつの裸体》
  • ジョルジュ・ビゴー 《あんま》
  • カミーユ・ピサロ 《農夫モロン親爺》
  • カミーユ・ピサロ 《鋤で耕す農婦》
  • ジョルジュ・ブラック 《葉・色彩・光》
  • ウィリアム・ブレイク 《ヨブ記》全22点
  • アリスティード・マイヨール 《『ダフニスとクロエ』挿絵本》
  • ジャコモ・マンズー 《ジュリアとミレトの乗った大きな一輪車》
  • アルフォンス・ミュシャ 《ジョブ》
  • オットー・ミュラー 《自画像》
  • ジョアン・ミロ 《アルバム13》全17点
  • ジョアン・ミロ 《女と鳥》
  • エドヴァルド・ムンク 《窓辺の少女》
  • エドヴァルド・ムンク 《博士の肖像》
  • エドヴァルド・ムンク 《月光》
  • シャルル・メリヨン 《プチ・ポン》
  • クロード・モネ 《橋から見たアルジャントゥイユの泊地》
  • クロード・モネ 《ラ・ロシュブロンドの村(夕暮れの印象)》
  • ジョルジュ・ルオー 《キリスト磔刑》
  • ジョルジュ・ルオー 《受難(パッション)》
  • オディロン・ルドン 《ベアトリーチェ》
  • ワシリー・カンディンスキー 《小さな世界》

展示画家(三重県立美術館)