東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館

東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館は、東京造形大学構内にある大学付属美術館です。

東京造形大学は、東京都八王子市に所在する私立美術大学です。日本で初めて「造形」という名称を冠した大学です。

桑沢デザイン研究所の創立者桑沢洋子により設立されました。従来の美術教育の枠を超えた教育理念により、自由で柔軟な独自の校風を持つ大学です。

東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館は、1986年八王子の医師故横山達雄氏より寄贈されたジャコモ・マンズーの作品(彫刻5点,版画23点)から出発いたしました。

1994年,本 美術館開館式に来日されたインゲ・マンズー夫人のご好意により寄贈された彫刻5点、版画8点が新たに加えられ、充実したコレクションになってきました。建築は白井晟一氏の設計原案に基づいています。

ジャコモ・マンズー

ジャコモ・マンズーは,現代具象派を代表するイタリアの彫刻家です。鋳物の肌触りをそのまま生かした独特のスタイルは、1960年代から1980年代にか けて世界的な人気を博し、その後の日本の彫刻界にも多大な影響を及ぼしました。

名称
東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館(とうきょうぞうげいだいがくふぞくよこやまきねんまんずーびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:30
休館日

土曜・日曜・祝祭日
大学休暇中

TEL
042-637-8111
FAX
042-637-8110
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

無料

所在地
〒192-0992
東京都八王子市宇津貫町1556

アクセス

JR相原駅下車 スクールバス(無料)3分

東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館 展示品

ジャコモ・マンズーの作品が展示されています。

展示画家(東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館)