湯木美術館

湯木美術館は、大阪府大阪市にある、茶道具を中心とする美術工芸品を展示している美術館。

日本料理店「吉兆」創業者・湯木貞一(ゆきていいち、1901 - 1997)が収集した茶道具を中心とする美術工芸品(国の重要文化財 11件、重要美術品 3件を含む)の収蔵、展示を主たる目的として、1987年に開館した。

テーマを設けての企画展覧会を春季と秋季の年2回開催している。

名称
湯木美術館(ゆきびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:30(入館は閉館の30分前まで)
夜間開館日 19:00まで(期間中の第一金曜日)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌日閉館)

開館期間
3月下旬-6月初旬、7月、9月中旬-12月上旬、1月上旬-2月上旬

TEL
06-6203-0188
FAX
06-6203-1080
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 600円
大学生 400円
中高生 300円

所在地
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-3-9

アクセス

地下鉄・電車

  • 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」下車、11番出口より南へ徒歩5分。
  • 京阪電車「淀屋橋駅」下車、8番出口より南へ徒歩7分。

  • 阪神高速環状線「土佐堀」出入口より北東へ
  • 阪神高速環状線「本町」出入口より北西へ

湯木美術館 展示品

重要文化財

  • 絹本著色春日宮曼荼羅図 観舜筆、鎌倉時代
  • 紙本著色在原業平像(佐竹本三十六歌仙絵巻断簡)
  • 伊勢集断簡(石山切)
  • 寸松庵色紙(よしのかわ)
  • 継色紙(神かきの)
  • 大燈国師墨蹟
  • 古今和歌集断簡(高野切、巻第九巻頭)
  • 熊野懐紙
  • 織部四方手鉢
  • 志野茶碗(広沢)
  • 唐物茄子茶入(紹鴎茄子、一名みほつくし)

その他

  • 住吉蒔絵平棗 山本春正作
  • 大井戸茶碗 銘対馬
  • 志野茶碗 銘広沢
  • 大井戸茶碗 銘対馬
  • 黒楽茶碗 銘五月雨 長次郎作
  • 色絵柳橋図水指 野々村仁清作
  • 銹絵染付春草文蓋茶碗 尾形乾山作
  • 赤楽茶碗 銘福寿草 宗入作
  • 白釉輪花水指・雪月花 野々村仁清作
  • 銹絵染付短冊皿 尾形乾山作
  • 銹絵槍梅香合 尾形乾山作
  • 茶杓 歌銘 如心斎作
  • 長寛写古代模様小重箱 鈴木表朔作
  • 雪笹手鉢 仁阿弥道八作
  • 千鳥透し鉢 宮川香山作
  • 色絵桜透し鉢 仁阿弥道八作
  • 山引椀 喜三郎作/半月膳 一閑作
  • 銹絵染付春草文蓋茶碗 尾形乾山作
  • 銹絵暦手茶碗 仁阿弥道八作
  • 黒楽茶碗 銘しば栗 常慶作
  • 黒楽茶碗 銘曙 一入作
  • 赤楽筒茶碗 銘福寿草 宗入作
  • 赤楽茶碗 銘是色 道入作
  • 彫三島茶碗 長入作
  • 椰子の実形鉢 慶入作

展示画家(湯木美術館)