山種美術館

山種美術館は山種美術財団が管理する日本画専門の美術館。1966年に開館。

山崎種二と山種証券(現SMBCフレンド証券)が蒐集した作品によって設立した山種美術財団によって開館する。長期間の展示に弱い日本画を管理し、定期的に企画展を開催している。また、日本各地に所蔵作品の移転展示をしている。

重要文化財に指定されている竹内栖鳳斑猫』や速水御舟炎舞』、『名樹散椿』など有名日本画家の作品や重要文化財を所蔵しており、作品の質は高いとされる。

など、現在の山崎美術館は2009年7月(予定)をもって一旦休館し、2009年秋、渋谷区広尾(恵比寿駅より徒歩10分)に新美術館として開館する予定。

名称
山種美術館(やまたねびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日は開館、翌日火曜日は休館)
展示替え期間、年末年始

TEL
03-3239-5911
FAX
03-3239-5913
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 800円 (600円)
大学生・高校生 600円 (500円)
中学生以下 無料
障害者手帳ご提示(ご本人のみ) 600円
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル1階

アクセス

東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線 九段下駅 2番出口より徒歩12分
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅5番出口より徒歩10分

山種美術館 展示品

  • 岩佐又兵衛 《官女観菊図》(重要文化財)
  • 椿椿山 《久能山真景図》(重要文化財)
  • 竹内栖鳳 《班猫》(重要文化財)
  • 速水御舟 《炎舞》(重要文化財)
  • 速水御舟 《名樹散椿》(重要文化財)
  • 酒井抱一 《秋草鶉図》(重要美術品)
  • 奥村土牛 《鳴門》
  • 奥村土牛 《醍醐》
  • 横山大観 《作右衛門の家》
  • 上村松園 《砧》
  • 小林古径 《清姫》
  • 村上華岳 《裸婦図》
  • 川端龍子 《鳴門》

展示画家(山種美術館)