富本憲吉記念館

※2012年5月31日に閉館しました

富本憲吉記念館 土蔵(陳列室)

富本憲吉記念館は奈良県生駒郡安堵町にある美術館。近代陶芸の父にして人間国宝の陶芸家、富本憲吉の生家を利用した個人美術館。1974年に開館した。

1974年に竣工した本館のほか、修復した江戸時代の建物2棟と移設した大正時代築の土蔵1棟が展示施設となっている。

収蔵品は富本憲吉作の色絵磁器など約500点で、それをローテーションで150点常設展示する。

富本 憲吉

富本 憲吉(とみもとけんきち 1886年 - 1963年)は日本の陶芸家。奈良県生駒郡安堵町出身。

色絵に加えて金銀を同時に焼き付けるという技法(金銀彩)を完成させ、羊歯文様等による独自の作陶様式を確立した。1955年2月15日、第1回の重要無形文化財技術指定保持者(人間国宝)に認定された。 1961年文化勲章受章。

富本憲吉記念館
名称
富本憲吉記念館(とみもとけんきちきねんかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜・火曜
8月1-10日、12月21日-1月4日

TEL
0743-57-3300
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 700円
中・高・大学生 500円
小学生 200円

所在地
〒639-1061
奈良県生駒郡安堵町東安堵1442番地

アクセス

大和路線「法隆寺駅」から奈良交通バス「かしの木台」行きで8分、「東安堵」下車、徒歩3分

富本憲吉記念館 展示品

富本憲吉作の色絵磁器などの作品を展示している。

展示画家(富本憲吉記念館)