戸栗美術館

戸栗美術館は、古美術、主に東洋陶磁器を展示している美術館です。

美術品を永久的に保存し、広く一般に公開することを目的に財団法人の認可を受け、旧鍋島藩屋敷跡地に開館。古陶磁専門美術館です。

東洋陶磁器は、日本、中国、朝鮮、などで生産された陶磁器の総称で、日本磁器の内、江戸時代のはじめに肥前国(現在の佐賀、長崎県)で生まれた磁器を肥前磁器と呼びます。

収蔵品点数は約7000点(古陶磁器、古書画など)にものぼります。

名称
戸栗美術館(とぐりびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:30 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜日 (ただし月祝の場合開館、翌日休館)
展示替え期間中
年末年始

TEL
03-3465-0070
FAX
03-3467-9813
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一 般 1,000円
高大生  700円
小中生  400円

所在地
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-11-3

アクセス

渋谷駅より徒歩10分
京王井の頭線神泉駅より徒歩5分

戸栗美術館 展示品

青磁

  • 青磁 瓶 - 龍泉窯 元時代(14世紀)
  • 青磁象嵌 蒲柳水禽文 鉢 - 高麗時代(1269年)
  • 青磁染付 朝顔文葉形皿 - 伊万里 江戸時代(17世紀後半)
  • 青磁 桔梗口双耳瓶 - 鍋島 江戸時代(17世紀後半?18世紀初)

染付

  • 青花 唐草文 稜花盤 - 景徳鎮窯 元時代(14世紀)
  • 青花 雲龍文 壺 - 朝鮮王朝時代(18世紀?19世紀)
  • 染付 獅子牡丹唐草文 水指 - 伊万里 江戸時代(17世紀後半)
  • 染付 竹文 皿 - 鍋島 江戸時代(17世紀後半?18世紀初)