高浜市やきものの里かわら美術館

高浜市やきものの里かわら美術館は愛知県高浜市にある瓦をテーマとした国内唯一の美術館である。

窯業の盛んな高浜市が1995年に設立、運営している。一般には、「かわら美術館」の名で親しまれている。

高浜市が三州瓦の産地として有名であることから、瓦にまつわる美術館の建設が求められ、1995年10月7日に開館した。建物は、三州瓦を日本全国に運んだ千石船をイメージしてデザインされたもの。

所蔵品は三州瓦に限らず、広く瓦文化全体が概観できる構成になっている。常設展示は、瓦やその歴史主体であるが、企画展では、陶芸の他、写真、絵本の原画などをテーマにしたものも開催されている。

家庭フランス料理が食べられるレストラン、「ヴィラージュ」を併設している。この地方の産の歴史的な瓦の常設展示がある。陶芸の創作教室も定期的に開催されている。

すぐ向かいには、瓦を使って作った魚や亀、あるいは鬼瓦などを用いて海の風景を表現した森前公園がある。

高浜市やきものの里かわら美術館
名称
高浜市やきものの里かわら美術館(たかはましやきもののさとかわらびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)、年末年始

TEL
0566-52-3366
FAX
0566-52-8100
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展
高校生以上:企画展により異なる
中学生以下:無料

常設展
高校生以上:200円
中学生以下:無料

所在地
〒444-1325
愛知県高浜市青木町9-6-18

アクセス

電車でご来館の方

名鉄名古屋本線「知立駅」またはJR東海道線「刈谷駅」で名鉄三河線(碧南方面)にお乗換え→名鉄「高浜港駅」下車徒歩8分

お車でご来館の方

かわら美術館は、国道419号線「衣浦大橋東」交差点北東角にございます。

名古屋方面から
名古屋高速「大高インター」→知多半島道路「阿久比インター」→県道46号線を東進→約15分

大府・豊明方面から
国道23号線(知立バイパス)「西中インター」→国道419号線を南下→約20分

豊橋・岡崎方面から
国道1号線「安城街道入口」交差点左折→県道47号線→国道419号線を南下→約2分

駐車場
周辺に無料駐車場が3箇所あります。(駐車可能台数は計150台)

高浜市やきものの里かわら美術館 展示品

各時代の瓦類をはじめ、世界の瓦類や、やきもの資料、瓦ややきものに関連した美術品(絵画、版画、浮世絵、書、写真)を展示しています。