昭和美術館

昭和美術館は、名古屋市昭和区にある私立の美術館。1978年に開館。収蔵品の八割は茶道具という、まさに「茶道美術館」というべき美術館であるが、その茶道具コレクションも茶の湯の世界で殊に珍重せられる名品が揃う。

名古屋東部の閑静な住宅地2200坪の敷地に、茶道具を中心に重文の美術工芸品や資料を展示している本館、移築された江戸時代の尾張藩家老の茶室と書院、池を中心に自然林を生かした侘びさびの風情がある庭園がある。

名称
昭和美術館(しょうわびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:00
休館日

月曜(祝日の時は翌日)
展示替期間

TEL
052-832-5851
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 600円
学生 500円
高校生以下 無料

所在地
〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

アクセス

  • 地下鉄鶴舞線「杁中」駅より南西へ徒歩15分
  • 地下鉄桜通線「桜山」駅よりタクシーで5分
  • JR・名鉄・地下鉄「金山」駅より妙見町行きのバス乗車、「上山町」下車、北へ徒歩5分

昭和美術館 展示品

主に茶道具を展示。

  • 藤原為家 《時代不同歌合絵巻》
  • 古瀬戸尻膨茶入 銘《伊予簾》
  • 野々村仁清 《銹絵蕪鉢》
  • 瀬戸黒茶碗 銘 《垣根》
  • 《朝鮮唐津一重口水指》
  • 江月宗玩 《墨蹟『普』》
  • 円山応挙 《千代能》

展示画家(昭和美術館)