姫路市書写の里 美術工芸館

姫路市書写の里 美術工芸館は兵庫県姫路市書写山の麓、夢前川の畔にある美術館。1994年に開館。

館建物は書写山円教寺をイメージさせる大屋根、瓦葺の外観である。展示室では播磨地方の伝統工芸品や郷土玩具、郷土出身の元東大寺管長・清水公照の作品や愛蔵品を常設展示する。

工芸工房では、伝統工芸職人による姫路はりこや姫路こま等製作の実演がされおり、絵付けの体験などもできる。建築設計は宮脇檀

姫路市書写の里 美術工芸館
名称
姫路市書写の里 美術工芸館(ひめじししょしゃのさとびじゅつこうげいかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(休日を除く)
休日の翌日(土・日・休日を除く)
年末年始

TEL
079-267-0301
FAX
079-267-0304
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 300円(240円)
高・大学生 200円(160円)
小・中学生 50円(40円)
※( )内は20人以上の団体料金
※姫路市に在住の65歳以上の方および姫路市に在住の障害者の方、姫路市外に在住の重度障害者の方は、年齢の分かるもの、または、障害者手帳を持参で無料(重度障害者の場合は介護者も含みます)

所在地
〒671-2201
兵庫県姫路市書写1223番地

アクセス


姫路パイパスの姫路西ランプから北へ約15分、山陽自動車道・姫路西インターから東へ約10分 
無料駐車場(40台)

電車・バス
JR「姫路」駅、山陽電車「山陽姫路」駅から、神姫バス8系統「書写ロープウェイ」行で終点まで約25分、下車 北へ徒歩約3分

姫路市書写の里 美術工芸館 展示品

東大寺長老だった清水公照が瀬戸、九谷、信楽、清水、備前、萩、唐津、有田など全国の著名な窯元で焼いた陶製やブロンズ製の泥仏を展示。

また、公照が、作家の作った壷や皿などに絵付けをした陶芸作品

  • 森陶岳 《備前大甕》

展示画家(姫路市書写の里 美術工芸館)