諏訪市美術館

諏訪市美術館は長野県諏訪市にある、1943年に建てられた信州最初の美術館。白壁に緑の瓦が映えるレトロな建物で、もとは片倉製糸の資料館の懐古館[かいこかん]として造られたものを、1956年に美術館として開館した。

戦後の彫刻界を代表する作家、細川宗英(1930-1994)の彫刻作品を専用展示室にて常設展示している。

他にも郷土出身の作家や諏訪市にゆかりが深い作家の作品を中心に、日本画、洋画、彫刻、工芸、書など約1000点を収蔵している。東郷青児の『女』など、人気作品も多数ある。

年に1回以上企画展を行っており、その際は常設展示が観覧できない場合がある。

名称
諏訪市美術館(すわしびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日、祝日の翌日、年末年始

TEL
0266-52-1217
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
大人300円
小中学生150円 ※諏訪郡内小中学生無料

企画展
大人510円
小中学生150円 ※諏訪郡内小中学生無料

所在地
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14

アクセス

車:中央自動車道「諏訪I.C」より15分
電車:JR中央本線「上諏訪駅」諏訪湖口より徒歩7分

諏訪市美術館 展示品

日本画

今井映方、 岩波昭彦、 梅津道雄、 折井宏光、 川合清、 武居大明、 戸田祐暉、 中島清之、 西山英子、 東原徹、 藤森青芸、 宝竜桂子、 堀越保二、 前田直衞、 松倉由枝、 森狙仙(江戸時代)

洋画(油彩・水彩・デッサン)

秋元清弘、 池口史子、 石井柏亭、 大沼映夫、 加藤陽、 北沢良知、 小林和作、 小松秀雄、 清水錬徳、 志村一男、 早出守雄、 高橋貞一郎、 高橋靖夫、 東郷青児、 西岡瑞穂、 野村千春、 林敬二、 櫃田伸也、 細川宗英(デッサン等)、 宮原麗子、 モーリス・アスラン(デッサン)、 矢﨑博信、 山岡与平

洋画(版画)

アンリ・マチス(リトグラフ)、 オシップ・ザッキン、 武井吉太郎、 武井武雄、 徳力富吉郎、 増沢荘一郎、 森田曠平

彫刻

オーギュスト・ロダン、 荻原碌山、 小沢重武、 大和作内、 菊池一雄、 ジョセフ・ベルナール、 清水多嘉示、 高田博厚、 武井直也、 中原悌二郎、 細川宗英、 矢崎虎夫、 山本豊市、 本郷新

工芸

浅蔵五十吉(陶芸)、 浅見隆三(陶芸)、 岩田藤七(ガラス)、 小口正二(漆芸)、 各務鉱三(ガラス)、 岸田竹史(染色)、 清水六兵衞(陶芸)、 高池録博(染色)、 浜達也(金工)、 平田郷陽(人形)、 府川一信(金工)、 三村昌三郎(金工)、 三村昌弘(金工)、 宮坂房衛(金工)、 山崎覚太郎(漆芸)、 吉賀大眉(陶芸)

内島北朗、 岡麓、 藤沢麦草

展示画家(諏訪市美術館)