草雲美術館

草雲美術館は、栃木県足利市の足利公園内にある美術館。

「富嶽図」、「蓬莱山図」などで知られている幕末の画家である田崎草雲の代表的な絵画をはじめ書籍、遺品などを収蔵、保存し一般に公開している。

足利市在住の鈴木栄太郎が1968年(昭和43年)2月に私費を投じて草雲ゆかりの地、白石山房に建設し、同年4月に足利市に寄付されたもの。

建物は、草雲が画室としても使用していた「白石山房」の門内にあり、茅葺の旧宅、茶室などが併設されている。

田崎 草雲

田崎 草雲(たざき そううん、1815年 - 1898年)は日本の南画画家。名は芸(うん)。字は草雲。弟子に小室翠雲がいる。司馬遼太郎の短編「喧嘩草雲」のモデル。

草雲美術館
名称
草雲美術館(そううんびじゅつかん)
開館時間
9:00−16:00
休館日

月曜日
国民の祝日(休日)の翌日
年末年始館内整理日(毎月初日、末日)
※都合により変更することがあります。

TEL
0284-21-3808
FAX
0284-21-3808
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

個人(一般・高校生) 210円
中学生以下 無料
団体(一般・高校生) 160円

所在地
〒326-8601
栃木県足利市緑町2-3768

アクセス

東武足利市駅・JR足利駅から足利市生活路線バス(やまなみ号・せせらぎ号)で通6丁目下車、徒歩10分。

草雲美術館 展示品

  • 絹本著色 蓬莱仙宮図
  • 絹本墨画 富嶽図
  • 絹本著色 花鳥図

展示画家(草雲美術館)