シューニャ美術館

シューニャ美術館は、岐阜県大垣市にある画家粟田哲夫が開いている個人美術館。2001年、開館。粟田哲夫が地元に約50年在住しその間に制作した作品が展示されている。年3回作品を入れ替えて展示。

館名の「シューニャ」は、サンスクリット語で「空(くう)」の意味。心を空にして作品を観て欲しいという願いが込められている。

館内にはアトリエやソファを置いた部屋を併設してあり、くつろいで語らいのできるスペースが設置されている。

粟田 哲夫

粟田 哲夫(あわた てつお、1937年 - )は、日本の画家。岐阜県土岐郡笠原町(現多治見市)出身。1962年から1981年にかけて、毎年(20回)銀座の櫟画廊で個展を開いた。

名称
シューニャ美術館(しゅーにゃびじゅつかん)
開館時間
11:00-17:00
休館日

毎週火曜日 (詳細はお問合せ下さい。)

TEL
0584-73-4166
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

無料

所在地
〒503-0852
岐阜県大垣市禾森町3-2109

アクセス

JR東海道本線 大垣駅・駅前にて「総合庁舎行き」に乗車「大垣市民病院前」下車 徒歩5分

駐車場あり(7台)

シューニャ美術館 展示品

粟田哲夫《マンダラ 》
粟田哲夫《おんな 10》
粟田哲夫《おんな 11》
粟田哲夫《おんな百態 1-2》
粟田哲夫《おんな百態 1-3》

展示画家(シューニャ美術館)