湘南江の島香水瓶美術館

装飾芸術史上、デザインが最も変革した時代といわれる19世紀末から第2次世界大戦前夜までの50年間のなかでも大きな旋風を巻き起こしたルネ・ラリックによる香水瓶に於けるデザイン。

湘南江の島香水瓶美術館では、ルネ・ラリックの作品を中心に、19~20世紀に作られた世界的に価値のあるフランスの香水瓶を展示。

管内のショップでは、有名ブランドのミニチュア香水をはじめ、調香士、大野智恵美プロデュースによる香水瓶美術館オリジ
ナル香水の販売、ならびにアンティーク香水瓶やアンティークジュエリーの販売ブランドのミニ香水や、ここでしか手に入らない香水などの販売もしている。

名称
湘南江の島香水瓶美術館(しょうなんえのしまこうすいびんびじゅつかん)
開館時間
午前10時~午後5時
夏季(7月20日~8月20日)は午前10時~午後7時
休館日

毎週月曜定休

TEL
0466-54-2852
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 500円
子供 300円

所在地
〒251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-11-31

アクセス

電車
江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩3分


鎌倉方面より
134号線を江ノ島方面に進み、江ノ島入り口の交差点の1つ前の片瀬東浜の交差点を右折して、すぐの『レストランサイゼリア』の手前の市営駐車場に入り、駐車後、左奥のアルミ製のドアを出たすぐ前の通りを右に進み、5軒目に香水瓶美術館が見えます。

駐車場
市営駐車場をご利用ください

湘南江の島香水瓶美術館 展示品

ルネ・ラリックの作品を中心に、19~20世紀に作られた世界的に価値のあるフランスの香水瓶を展示している。

ルネ・ラリック《シレーヌ》1905年
ルネ・ラリック《牧歌》1911年
ルネ・ラリック《林檎の木》1919年
ルシアン・ガイアール《蜻蛉の香水瓶》1913年
モーリス・デ・ピノア《ポエム》1920年
ドーム兄弟《すみれの香水瓶》

展示画家(湘南江の島香水瓶美術館)