紫峰人形美術館

紫峰人形美術館は愛知県高浜市の人形を展示している美術館。

5階建ての館内の2階から5階まで、計3万体の人形を展示している。各階でテーマが異なり、全国の有名な祭や歴史的な場面を人形で再現している。

名称
紫峰人形美術館(しほうにんぎょうびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00
休館日

年末年始、お盆

TEL
0566-52-2120
FAX
0566-53-5511
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

1,000円

所在地
〒444-1331
愛知県高浜市屋敷町1-5-14

アクセス

東海道新幹線「三河安城」よりタクシーで20分
名鉄三河線碧南方面「吉浜駅」前

紫峰人形美術館 展示品

3万体の人形を展示。

2階

お祭広場:浅草三社祭、秋田竿灯など、日本の代表的な祭りを500体以上の人形で再現。

日本昔話劇場:花咲か爺さん、一休さん、桃太郎、浦島太郎の話で出てくる場面を人形で再現。

江戸幕情 市村座復元舞台:東海道中膝栗毛を再現。

3階

4階まで吹き抜けの大山車で京都、祇園祭を再現。100体以上の花笠人形が舞い踊る。

他にも、日本の歴史を人形パノラマで展開。日本の歴史。平安貴族。日本列島誕生から、狩猟の時代、農耕の始まり、平安時代、鎌倉時代、江戸時代、明治時代、広島の原爆投下まで人形舞台で再現。奈良大仏建立の様子もある。

4階

享保雛、寛永雛を始め、御所人形、嵯峨人形など、歴史に残る名品と辻村ジュザブロー、前田金彌などの現代著名作家の作品を展示。

5階

健康祈願、長寿祈願の吉浜慈母観音と皇太子妃ご成婚等身大人形を展示。