齋藤美術館

齋藤美術館は郡上八幡の中心にある、書画茶道具を中心とした美術工芸品を展示している私設美術館。1987年(昭和62年)に開館。

館内は、常設展示室・特別展示室・蔵展示室・中庭と茶室があり、伝統工芸品とおみやげの「竜庵」も併設している。収蔵品は江戸初期以来の大徳寺住持の墨蹟をはじめ、陶磁器銅器漆器等の茶道具を中心としている。

「常設展示室」では、名物茶碗をはじめとする茶道具を中心に、墨蹟などの書画や漆芸品を展示。「蔵展示室」は、齋藤家の土蔵をそのままの形で改装し展示室とし、永楽や祥端の煎茶茶碗や染付急須など煎茶道具のコレクションを展示している。

「特別展示室」は、陶磁器や手摺りの木版画を中心に展示販売や、随時企画展を開催している。「中庭と茶室」はくつろぎのスペースとなっている。「ミュージアムショップ」では郡上本染、木工クラフトなど伝統工芸とおみやげ品を販売している。

名称
齋藤美術館(さいとうびじゅつかん)
開館時間
午前9時~午後5時
午前9時~午後6時(8月のみ)
休館日

木曜日(但し8月は無休)
1月~2月

TEL
0575-65-3539
FAX
0575-65-6727
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 300円
小人 200円(小・中学生)

所在地
〒501-4226
岐阜県郡上市八幡町新町927

アクセス

バス
岐阜バス城下町プラザバス停より徒歩約5分です。

電車
長良川鉄道「郡上八幡駅」よりタクシーで約5分、徒歩約20分です。


東海北陸自動車道経由で、郡上八幡ICより約5分です。

駐車場
齋藤美術館専用駐車場はありません。付近に有料パーキング有り。

齋藤美術館 展示品

陶磁器・銅器・漆器等の茶道具を中心に展示。

野々村仁清《伊羅保写》茶碗
北大路魯山人《伊賀袖》茶碗
尾形乾山《乾山火入》陶器
杉木普斎《竹花入 二重切》花入
古田織部《織部花器》花入
高橋道八《寿老人》置物
《楽家三代道入作浅瀬》
《香合交跡柘榴》
《大徳寺156世江月宗玩墨蹟夢》

展示画家(齋藤美術館)