ペイネ美術館

ペイネ美術館は長野県軽井沢町の軽井沢タリアセンにある美術館。1986年に開館。

ペイネの像

「ペイネの恋人たち」シリーズで世界中で親しまれているフランスの画家レイモン・ペイネの原画やリトグラフのほか、写真や愛用の画材などを展示している。

建物はモダニズム建築の作品で日本人建築家に大きな影響を与えた建築家アントニン・レーモンドが、昭和8年に建てた設計者自身のアトリエ兼別荘「軽井沢・夏の家」を移築したもの。

レイモン・ペイネ

レイモン・ペイネ(Raymond Peynet、1908年11月16日 - 1999年1月14日)はフランスのイラストレーター、漫画家。

有名な「ペイネの恋人たち」で世界的に名が知れ渡り、メルヘン調の愛らしいイラストで、一貫して愛をモチーフに書き続けたイラストレーターである。

ラブラブな画はもちろん、ときおり愛らしい絵の中に鋭い風刺と意外なお色気を多く取り込むのも特徴。アニメーション映画「ペイネ 愛の世界旅行」も製作された。

ペイネ美術館
名称
ペイネ美術館(ぺいねびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00
休館日

12月・1月 火・水・木曜日(12月23,24,25日は営業)
年末年始(12月26日-1月1日)
2月

TEL
0267-46-6161
FAX
0267-45-3663
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人(高校生以上)900円
小人(小・中学生)500円

所在地
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217

アクセス

  • JR新幹線「軽井沢」駅よりタクシーで10分
    ※夏季は「軽井沢」駅・「中軽井沢」駅より路線バスが運行、「塩沢湖」停留所下車
  • しなの鉄道「中軽井沢」駅よりタクシーで5分
  • 上信越道「碓氷・軽井沢I.C.」より車で15分

ペイネ美術館 展示品

レイモン・ペイネの原画やリトグラフのほか、写真や愛用の画材などを展示している。

展示画家(ペイネ美術館)