成羽町美術館

成羽町美術館は岡山県高梁市にある、美術館と考古学系博物館の複合施設。高梁市成羽町出身の洋画家で大原美術館の美術品収集を担ったことで知られる児島虎次郎の顕彰を目的として1953年に開館した。

3代目にあたる現在の建物は1994年、市指定重要文化財史跡である山崎氏御殿跡の石垣上に安藤忠雄の設計により建設されたもので、館自体が美術作品としての存在感を有している。

館内では児島虎次郎の作品のほか、児島虎次郎が収集したエジプト等の古代美術品、および成羽町で採掘された日本最古の植物群化石を展示する。

成羽町美術館
名称
成羽町美術館(なりわちょうびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日)
年末年始、展示替え期間

TEL
0866-42-4455
FAX
0866-42-4451
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 500円(400円)
高大生 300円(240円)
小中生 200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金
※心身障害者の方、65歳以上の方は証明できるものを提示くだされば無料になります
※特別展期間中は特別料金となります

所在地
〒716-0111
岡山県高梁市成羽町下原1068-3

アクセス

JR「岡山駅」より伯備線で「備中高梁駅」へ、隣バスセンターより、備北バスで成羽方面行(地頭行、など)に乗り、「成羽」停留所下車す

電車・バス
JR「岡山駅」から伯備線で「備中高梁駅」下車。バスセンター4番のりばから成羽方面への備北バス(約20分)「成羽停留所」下車すぐ。

車利用

  • 山陽自動車道・倉敷ICまたは笠岡ICから約50分
  • 岡山自動車道・賀陽ICから約30分、岡山総社IC、有漢ICから約40分
  • 中国自動車道・北房ICまたは新見ICから約50分
  • 岡山空港から車で約60分

成羽町美術館 展示品

  • 児島虎次郎 《登校》
  • 児島虎次郎 《紫苑と少女》
  • 児島虎次郎 《和服を着たベルギーの少女》
  • 児島虎次郎 《酒津の農夫》

徳永仁臣、太田喜二郎、満谷国四郎、吉田苞、片岡銀蔵、小林和作、田村孝之介、佐藤一章等の作品を随時展示。

また、エジプト等の古代美術品、および成羽町で採掘された日本最古の植物群化石を展示。

展示画家(成羽町美術館)