中山道広重美術館

中山道広重美術館は、恵那市にある公営(恵那市)の美術館。2001年(平成13年)に会館。歌川広重を中心に、歌川国芳などの浮世絵版画などを約500点を所蔵する。

恵那市には旧中山道が通り、かつてこの地域の代表的な宿場町として栄えた大井宿がある。その歴史的財産を活用しながら、芸術・文化の振興に役立てようと、美術館が建設された。

展覧会は、浮世絵版画を中心として毎月開催する企画展のほか、年に数回の特別展を行っている。浮世絵の展示の他、浮世絵の製作の体験摺りも可能である。この場合の版木は、樹脂製の実物大のものである。

名称
中山道広重美術館(なかせんどうひろしげびじゅつかん)
開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日

毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日

TEL
0573-20-0522
FAX
0573-25-0322
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展
大人 500円 / 小・中・高校生 300円

特別企画展
大人 800円 / 小・中・高校生 500円

所在地
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1

アクセス

電車
名古屋からJR中央本線で1時間。恵那駅から南へ徒歩2分。


東京から東名高速道路で4時間30分または中央自動車道で3時間30分。
名古屋から国道19号で1時間45分または中央自動車道で1時間。
岡谷JCから中央自動車道で1時間30分。

駐車場
駅西駐車場:市営駐車場。1時間30分は無料で駐車できます。
(最初の30分間は無料。さらに、美術館で1時間分の駐車券をお渡しします。)

中山道広重美術館 展示品

歌川広重を中心に、歌川国芳などの浮世絵版画を所蔵・展示。

歌川広重「木曽海道六拾九次之内」、「東海道五十三次之内(行書東海道)」や「京都名所之内」をはじめ、広重とともに幕末の浮世絵界を彩った歌川国芳による「木曽街道六十九次之内」など、主に「広重」と「木曽街道(中山道)」をテーマとしている。

歌川広重《伊勢名所 二見か浦の図》

展示画家(中山道広重美術館)