中札内美術村

中札内美術村は北海道河西郡中札内村のカシワの木が鬱蒼と生い茂る広大な敷地内に美術館やレストランが点在する芸術村。

企画展を行う北の大地美術館をはじめ、洋画家相原求一朗を展示する相原求一朗美術館、日本画家小泉淳作を展示する小泉淳作美術館、版画家佐藤克教を展示する佐藤克教現代木版画館、彫刻家・板東優を展示する夢想館の5館で構成されている。各建物はそれぞれ遊歩道で結ばれているので、周囲の自然を楽しみながらアートに触れられる。

地元の農産物を使った家庭料理のレストラン「ポロシリ」、うどんや甘味メニューもある「花六花」、菓子やミュージアムグッズを販売するショップ「柏林」なども揃う。

名称
中札内美術村(なかさつないびじゅつむら)
開館時間
10:00-16:00
休館日

11月上旬-4月下旬(冬期休館)

TEL
0120-012-666
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

各美術館に入館するのにそれぞれ観覧料が必要
4館共通
一般 1200円
小中学生 500円
(夢想館は入館無料)

所在地
〒089-1366
北海道河西郡中札内村栄東5線

アクセス

JR「帯広駅」下車・十勝バス「更別経由、大樹・広尾行き」にて「中札内美術館村前」下車、または車にて40分

中札内美術村 展示品

洋画家相原求一朗、日本画家小泉淳作、版画家佐藤克教、彫刻家・板東優の作品を敷地内のそれぞれの美術館に展示してある。

野外彫刻
青木三四郎『MEMORY』