真鶴町立中川一政美術館

真鶴町立中川一政美術館は、日本洋画壇の重鎮であり、文化勲章受章者の中川一政の作品を展示している美術館。中川一政より自作の油彩・岩彩・書等数多くの作品の寄贈を受け、平成元年に開館。

真鶴半島自然公園の樹林に囲まれ、落ち着いた雰囲気に包まれた建物は、平成2年に「第15回吉田五十八賞」(建築設計)、平成10年には「公共建築百選」(建設省)を受賞している。

中川 一政

中川 一政(なかがわ かずまさ 1893年 - 1991年)は、東京都生まれの洋画家、美術家、歌人、随筆家。文化勲章を受章 文化功労者表彰。

洋画、水墨画、版画、陶芸、詩作、和歌、随筆、書と多彩な作品を制作した。全てが独学であり自ら「在野派」と称した。洒脱な文章でも知られた。

名称
真鶴町立中川一政美術館(まなずるまちちつなかがわかずまさびじゅつかん)
開館時間
9:30~16:30 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

第1・3水曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始

TEL
0465-68-1128
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 600円(500円)
高校生以下 350円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展等料金は別途

所在地
〒259-0201
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1178-1

アクセス

東海道線真鶴駅よりケープ真鶴行きバス15分(中川一政美術館下車)

真鶴町立中川一政美術館 展示品

中川一政《薔薇》油彩
中川一政《向日葵》油彩
中川一政《福浦突堤》油彩
中川一政《駒ヶ岳》油彩
中川一政《長崎風景》油彩
中川一政《少年像》油彩
中川一政《山百合》岩彩
中川一政《われはでくなり》書
中川一政《武蔵坊》陶器
中川一政《石田三成》挿絵
中川一政《麦と兵隊》装丁本
中川一政《マジョリカ壺》

展示画家(真鶴町立中川一政美術館)