棟方志功記念館

棟方志功記念館は青森県青森市にある棟方志功の作品を展示した美術館。1975年11月開館。棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため造られた。

棟方志功の代表作「釈迦十大弟子」等の板画を展示している他、倭画、油画、書など多数の展示がある。少数の作品をじっくり見て欲しいという作家自身の意向により、展示室の広さは抑えてつくられている。

また、校倉造を模した建物は、池泉回遊式の閑静な日本庭園とうまく調和が取れた形となっている。年4回程度作品の展示替えを行い、多岐にわたる作品群を展示している。

棟方 志功

棟方 志功(むなかた しこう、1903年 - 1975年)は板画家。青森県出身。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

棟方の肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。大変な近視の為に眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。

第二次世界大戦中、富山県に疎開して浄土真宗にふれ、『阿弥陀如来像』『蓮如上人の柵』『御二河白道之柵』『我建超世願』『必至無上道』など仏を題材にした作品が特に有名である。

棟方志功記念館
名称
棟方志功記念館(むなかたしこうきねんかん)
開館時間
9:30−17:00(ねぶた期間の8/2-8/7は9:00開館)
休館日

月曜日(祝日及びねぶた期間の8/2-8/7は除く)
年末(12月25日-31日)

TEL
017-777-4567
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円 (400円)
大学生 300円 (200円)
高校生 200円 (100円)
小・中学生 無料
※( )は20名以上の団体

所在地
〒030-0813
青森県青森市松原2丁目1の2

アクセス

電車・バス
東北本線、奥羽本線、津軽海峡線、JR「青森駅」下車

  • 青森市営バス中筒井方面行き(2番のりば)「棟方志功記念館通り」で下車し、徒歩4分。
  • JRバス(9番のりば)堤橋経由公立大学行き、「棟方志功記念館通り」で下車し、徒歩4分。


東北自動車道青森中央ICより15分、駐車場あり

棟方志功記念館 展示品

  • 棟方志功 《釈迦十大弟子》
  • 棟方志功 《運命頌》
  • 棟方志功 《湧然する女者達々》
  • 棟方志功 《門世の柵》
  • 棟方志功 《空海頌》
  • 棟方志功 《夢応の鯉魚》

展示画家(棟方志功記念館)