森ヒロコ・スタシス美術館

森ヒロコ・スタシス美術館は北海道小樽市にある、森ヒロコの作品を展示した美術館。1993年3月に開館。ポーランドの代表的なアーティスト、スタシスの作品も展示している。

小樽在住の銅版画家、森ヒロコや、ポーランドの代表的なアーティスト、スタシスの作品が数多く展示されている。他にはブルノフスキー(スロバキア)、ヴィルコン(ポーラント)などの作品もあり、約160点常設展示されていて、東欧のムードのあふれる美術館となっている。

建物は質店の古い石蔵を改装して美術館にした。1999年に石蔵の隣に新しく増築して、近代的な建物と昔ながらの石蔵の美術館が連なる面白い造りになっている。

年1回、世界のレベルの高い絵本のイラストレーションの企画展も開催している。また、アトリエがあり、版画塾も開かれている。

名称
森ヒロコ・スタシス美術館(もりひろこすたしすびじゅつかん)
開館時間
11:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

金、土、日、祝日のみ開館

TEL
0134-22-3772
FAX
0134-25-1041
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

高校生以上 600円
中学生以下 300円

所在地
〒047-0034
北海道小樽市緑1-16-33

アクセス

JR「小樽駅」より徒歩15分
駐車場有

森ヒロコ・スタシス美術館 展示品

森ヒロコ、スタシス、ブルノフスキー、ヴィルコンなどの作品を常設展示している。

  • 森ヒロコ 《猫形》
  • 森ヒロコ 《ギャオー》
  • 森ヒロコ 《夕暮れに》
  • 森ヒロコ 《セーター》
  • 森ヒロコ 《堕天使》
  • 森ヒロコ 《エイプリル》
  • スタシス・エイドリゲヴィチウス 《逆風》
  • スタシス・エイドリゲヴィチウス 《春》
  • スタシス・エイドリゲヴィチウス 《ミルク》

展示画家(森ヒロコ・スタシス美術館)