三井記念美術館

三井記念美術館は、東京都中央区日本橋室町にある、旧財閥三井家の伝来品を収蔵展示するために設立された私立美術館である。

1985年、東京都中野区上高田に「三井文庫別館」(三井文庫本館は史料館)として開館し、2005年10月8日より、東京都中央区日本橋室町の三井本館(重要文化財建造物)7階に移転し、「三井記念美術館」と改称した。

旧財閥三井家が所蔵する、膨大な社会経済史料の保存のため、1965年(昭和40年)、三井グループ各社の資金提供によって財団法人三井文庫が設立された。

その後1985年(昭和60年)に至り、三井家に伝来する貴重な文化財を散逸させず、保存公開するための施設として「三井文庫別館」が開設された。

三井家は、本家にあたる総領家を含め11家に分かれているが、三井記念美術館には、おもに北家(総領家)、新町家、室町家伝来の文化財が収蔵されている。

北家(総領家)伝来品は、三井文庫別館開設時に11代当主・旧男爵の三井八郎右衛門(三井高公、1895-1992)から寄贈されたものである。

円山応挙が三井家のために描いた『雪松図』、国宝2件を含む刀剣類、藤原定家の日記の一部である「熊野御幸記」、金剛右京家伝来の能面類などが著名である。

新町家伝来品は、同家10代当主・旧男爵の三井高遂(みついたかなる、1896-1986)から寄贈されたもので、火葬墓から出土した墓誌としては日本最古の年紀をもつ「船氏王後墓誌」(ふなしおうごぼし)が著名である。

室町家伝来品は1993年(平成5年)に寄贈されたもので、日本製の陶磁器としては数少ない国宝のひとつである、志野茶碗「卯花墻」(うのはながき)が著名である。

他に、南家当主・三井高陽(みついたかはる、1900-1983)の収集にかかる、世界有数の郵趣コレクションも収蔵されている。

三井記念美術館
名称
三井記念美術館(みついきねんびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日が休館)
展示替期間
その他、臨時に休館する場合があります

TEL
03-5777-8600
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般:800円(700円)
大学・高校生:500円(400円)
小・中学生:無 料

*20名以上の団体の方は( )内割引料金となります。
*障害者手帳をご呈示の方、およびその介護者(1名)は無料です。

特別展
別途料金を展覧会毎に定めます。

所在地
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階

アクセス

  • 無料巡回バス「メトロリンク」「三井記念美術館」徒歩1分
  • 東京メトロ銀座線 三越前駅【A7出口】より徒歩1分
  • 東京メトロ半蔵門線 三越前駅【A7出口】より徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅【B11出口】より徒歩4分
  • 都営浅草線 日本橋駅【B11出口】より徒歩4分
  • JR 東京駅【日本橋口】より徒歩7分
  • JR 神田駅より徒歩6分
  • JR総武快速線 新日本橋駅より徒歩4分

三井本館7階
※三井記念美術館の入口は日本橋三井タワー1階アトリウムです。
※当館には専用駐車場はございません。

三井記念美術館 展示品

国宝

  • 紙本淡彩雪松図 円山応挙筆 六曲屏風
  • 志野茶碗 銘卯花墻(うのはながき)
  • 短刀 無銘正宗(名物日向正宗)
  • 短刀 無銘貞宗(名物徳善院貞宗)
  • 熊野御幸記 藤原定家筆 建仁元年十月
  • 銅製船氏王後墓誌

重要文化財

  • 紙本金地著色日月松鶴図 六曲屏風
  • 紙本着色東福門院入内図 四曲屏風一双
  • 旧金剛宗家伝来能面 54面
  • 楽焼黒茶碗(雨雲)本阿弥光悦作
  • 黒楽茶碗(俊寛)長次郎作
  • 唐物肩衝茶入(北野)
  • 鸞天目茶碗
  • 太刀 銘国信
  • 太刀 銘助真
  • 太刀 銘則宗
  • 太刀 銘備州長船基光
  • 太刀 銘備州長船住兼光 暦応二年正月日
  • 薙刀 銘一
  • 刀 銘国広
  • 古林清茂(くりんせいむ)墨蹟 与無夢一清偈 泰定四年至節後三日
  • 手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
  • 清拙正澄墨蹟 霊致別称偈 延元元年仲夏
  • 日本航海図(羊皮紙著色)

展示画家(三井記念美術館)