北海道立三岸好太郎美術館

北海道立三岸好太郎美術館は、北海道札幌市にある美術館である。1967年に開館。

札幌出身の画家である三岸好太郎の功績をたたえ、彼の作品・関係資料の収集・展示を行なっている美術館である。作品が遺族から北海道へ寄贈されたことを機に発足した。収蔵品は油彩83点、水彩素描157点、版画10点。

講演会や三岸好太郎の〈オーケストラ〉にちなんだコンサートを開催している。

三岸 好太郎

三岸 好太郎 (みぎし こうたろう、1903年4月18日 - 1934年7月1日)は、洋画家。北海道札幌市出身。戦前のモダニズムを代表する画家の1人。画家の三岸節子(旧姓・吉田)は妻。作家の子母沢寛は異父兄にあたる。

アンリ・ルソー風の素朴な画風から出発し、岸田劉生の東洋趣味への傾倒を経て、エキゾティックでロマンティシズム溢れる画風に転じた。後にジョルジュ・ルオー風のフォーヴィズムの影響が顕著になって来る。

抽象形態を構成した「コンポジション」や、線条様式の「オーケストラ」などの試作により、純粋主義・機械主義を賛美した彼は、その後シュルレアリスムに移行し、1934年連作「蝶と貝殻」シリーズを発表する。旅行先の名古屋で突然倒れ、31歳の生涯を終えた。

北海道立三岸好太郎美術館
名称
北海道立三岸好太郎美術館(ほっかいどうりつみぎしこうたろうびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館)
年末年始

TEL
011-644-8901
FAX
011-644-8902
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円(410円)
高校・大学生 250円(170円)
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下は無料

所在地
〒060-0002
北海道札幌市中央区北二条西15

アクセス

地下鉄
東西線「西18丁目駅」下車、4番出口より500m

バス
JRバス、中央バス(札幌←→小樽・手稲方面)
「道立近代美術館」停留所下車250m

タクシー
札幌駅から5-10分「知事公館の北側、北3条通り」とご指示ください。

駐車場
無料駐車場有

北海道立三岸好太郎美術館 展示品

三岸好太郎作品250点(油彩83点、水彩素描157点、版画10点)

油彩

  • 三岸好太郎《茶畑》
  • 三岸好太郎《オーケストラ》
  • 三岸好太郎《大通教会》
  • 三岸好太郎《花ト蝶》
  • 三岸好太郎《道化役者》

水彩・素描

  • 三岸好太郎《見物客》
  • 三岸好太郎《自画像》

展示画家(北海道立三岸好太郎美術館)