鎌倉大谷記念美術館

鎌倉大谷記念美術館は、元ホテルニューオータニ会長、故大谷米一の鎌倉の別邸を、居住していた当時の趣をそのままに、内部を改装し邸宅美術館として1997年5月に開館。

収蔵品の根幹を成すのは、日本近代絵画と近代フランス絵画を中心とした大谷コレクション。日本画は横山大観速水御舟などの作品。ならびに小林古径前田青邨福田平八郎など近代の巨匠たちの作品。

さらに加藤栄三、杉山寧、平山郁夫、郷倉和子など現代を代表する画家たちの名品を収蔵。

洋画は、デュフィ、ヴラマンクをはじめ、エコール・ド・パリの画家たちキスリングモジリアーニユトリロドンゲンの作品を多数収蔵している。なかでも、デュフィ・コレクションは内外に知られており、デュフィの三大テーマである「海、音楽、競馬」の全てを網羅する名作が収蔵されている。

※2009年12月6日より暫くの間休館

名称
鎌倉大谷記念美術館(かまくらおおたにきねんびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:00
休館日

※暫くの間休館(再開館日 未定)
日曜日、月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

TEL
0467-22-3801
FAX
0467-24-3985
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 800円
大高生 600円
小中生 400円

所在地
〒248-0017
神奈川県鎌倉市佐助1-1-20

アクセス

JR、江の電「鎌倉駅」下車、西口より徒歩10分

鎌倉大谷記念美術館 展示品

日本近代絵画と近代フランス絵画を中心に収蔵・展示している。

展示画家(鎌倉大谷記念美術館)