香川県立東山魁夷せとうち美術館

香川県立 東山魁夷せとうち美術館は、香川県坂出市にある美術館。2005年4月に開館。

日本画家東山魁夷の作品のみを展示する個人美術館で、魁夷が塗装色の提案をした瀬戸大橋の袂、祖父の出生地である櫃石島を望む地にある。

美術館の建築設計は谷口吉生。東山すみ夫人より寄贈された版画作品270点余の展示公開のため開館。小都市にある展示室面積277㎡の小さな美術館であるにもかかわらず、来館者は1ヶ月あたり平均約1万人という異例の高い水準にある。

東山 魁夷

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年 - 1999年)は、日本の画家。昭和期を代表する日本画家と評される。千葉県市川市名誉市民。

約10年の歳月をかけて制作した奈良・唐招提寺御影堂障壁画「黄山暁雲」は畢生の大作となった。画集のみならず文章家でもあり画文集など、著作は数多い。

香川県立東山魁夷せとうち美術館
名称
香川県立東山魁夷せとうち美術館(かがわけんりつひがしやまかいいせとうちびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
展覧会準備(作品展示替え)、年末年始

TEL
0877-44-1333
FAX
0877-44-0220
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

展覧会により異なります。

所在地
〒762-0066
香川県坂出市沙弥島224番地13

アクセス

JR「坂出駅」から坂出市営バス「瀬居島竹浦」行き、または乗合タクシーに乗車、約20分。徒歩直ぐ。

香川県立東山魁夷せとうち美術館 展示品

展示品は全て東山魁夷の作品である。館蔵品の大半は石版画であるが、館の高い人気を背景に長野県信濃美術館・東山魁夷館や兵庫県立美術館などから作品を多く借り、質の高い展示を維持している。同時に肉筆画の収集も行い館蔵品の質向上を目指している。

展示画家(香川県立東山魁夷せとうち美術館)