イサム・ノグチ庭園美術館

イサム・ノグチ庭園美術館は、香川県高松市にあるイサム・ノグチの作品を展示した美術館。

ノグチ自身が使っていたアトリエがそのまま利用されている。20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチの150点あまりの彫刻作品はもとより、自ら選んで移築した展示蔵や住居イサム家、デザインした彫刻庭園など全体が一つの作品となっている。

ニューヨークのロング・アイランド・シティにも同名でイサム・ノグチ庭園美術館がある。

イサム・ノグチ

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年 - 1988年)はアメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの日系アメリカ人である。彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。

父は愛知県生まれの日本の詩人で慶應義塾大学教授の野口米次郎、母はアメリカの作家で教師のレオニ・ギルモア。

日本での代表作に、慶応義塾大学「新万来舎」(1950)、広島の平和大橋(1952)、大阪万博の噴水(1970)、東京の草月会館ロビー「天国」(1977)、高松空港「タイム・アンド・スペース」(1989)などがある。

名称
イサム・ノグチ庭園美術館(いさむのぐちていえんびじゅつかん)
開館時間
10:00、13:00、15:00 の1日3回(予約制)
休館日

月・水・金・日曜日
年末年始、お盆

TEL
087-870-1500
FAX
087-845-0505
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般・大学生 2,100円
高校生 1,050円
中学生以下 無料
※30名以上、団体割引あり(10%オフ)

所在地
〒761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼3519

アクセス

タクシー
高松空港より約45分、JR高松駅より約25分、JR屋島駅より約10分

バス
高松空港より連絡特急バス高松行で「高松築港」(約30分)下車、乗り換え、庵治行き「祈り岩与一公園前」(約30分)下車、徒歩7分

電車(コトデン)
「高松築港」より「瓦町」乗り換え、志度行き「八栗」(約30分)下車、徒歩20分


岡山・愛媛方面から「高松中央」ICより車で約20分
淡路・徳島方面から「志度」ICまたは、「さぬき三木」ICより車で約15分

イサム・ノグチ庭園美術館 展示品

イサム・ノグチの150点あまりの彫刻作品が展示されている。また、展示蔵やアトリエ、彫刻庭園などがあり、全体が一つの作品となっている。

展示画家(イサム・ノグチ庭園美術館)