出光美術館(東京本館)

出光美術館は、東京都千代田区丸の内と福岡県北九州市門司区の門司港レトロ地区にある、東洋古美術を中心とした私立美術館である。

出光興産創業者である実業家・出光佐三が長年に亘り収集した美術品を展示するため、1966年(昭和41年)東京に開館した。

帝国劇場の入っている帝劇ビルの9階にあり、館内のロビーからは隣接する皇居外苑が一望できる。

収集品は日本・東洋の古美術が中心で、日本や中国の絵画、書跡、陶磁などが系統的に収集されている。特色あるコレクションとしては唐津焼仙厓義梵の書画などがある。

ほかにも小杉放菴(洋画家)、板谷波山(陶芸家)などの作品の収集のほか、文人画家・田能村竹田の作品、九州を代表する陶芸の一つである唐津焼などを収集。

西洋近現代美術では、ジョルジュ・ルオーサム・フランシスなどを収蔵。開館後も収集を継続しており、1983年には国宝の『伴大納言絵巻』を購入し、話題になった。

館内は2年かけて2007年に全面改装され、通常の展示室の他に茶室朝夕菴(ちょうせきあん)、陶片資料室、ジョルジュ・ルオーとエドヴァルト・ムンク専用の展示室がある。

陶片資料室は1966年の開館時に陶磁器研究家・小山冨士夫によって設けられ、各地の窯跡から発掘された陶磁器の破片が系統的に展示されている。

帝国劇場
名称
出光美術館(東京本館)(いでみつびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00
毎週金曜日は19時まで
(入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
年末年始、展示替期間

TEL
03-3272-8600
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 1,000円
高・大生 700円
中学生以下 無料
(ただし保護者の同伴が必要です)

所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階

アクセス

  • JR「有楽町」駅 国際フォーラム口より徒歩5分
  • 東京メトロ日比谷線・千代田線/都営三田線「日比谷」駅 帝劇方面出口より徒歩5分
  • 東京メトロ有楽町線「有楽町」駅 帝劇方面出口より徒歩5分

出光美術館(東京本館) 展示品

国宝

  • 伴大納言絵詞
  • 手鑑「見ぬ世の友」
伴大納言絵詞

国宝「伴大納言絵詞」(部分、応天門炎上)

重要文化財

仏教絵画

  • 十王図
  • 真言八祖行状図

大和絵

  • 絵因果経 巻第三上
  • 直幹申文絵詞
  • 柿本人麿像(佐竹本三十六歌仙切)
  • 僧正遍照像(佐竹本三十六歌仙切)
  • 扇面法華経冊子残欠
  • 四季花木図 六曲屏風

水墨画

  • 花鳥図 能阿弥筆 応仁三年三月七十三歳の款記がある 四曲屏風

文人画

  • 十二月離合山水図 池大雅筆 六曲屏風
  • 山水図 与謝蕪村筆 宝暦十三年四月の年記がある 六曲屏風
  • 梅花書屋図 田能村竹田筆 天保三年の年記がある
  • 双峰挿雲図 浦上玉堂
  • 籠煙惹滋図(ろうえんじゃくじず)浦上玉堂

近世絵画諸派

  • 祇園祭礼図 六曲屏風
  • 西行法師行状絵詞(森川本)巻第一、第二、第四 絵俵屋宗達筆、詞烏丸光広
  • 戸山山荘図(谷文晁筆)・青山園荘図
  • 更衣美人図 喜多川歌麿
  • 四季日待図 英一蝶

渡来画

  • 漁釣図 徐祚
  • 山市晴嵐図 玉澗筆 自賛
  • 平沙落雁図 伝牧谿筆 「道有」の印あり

日本陶磁

  • 金銀藍絵松樹文蓋物 尾形乾山
  • 色絵花鳥文八角大壺 伊万里
  • 色絵鳳凰文壺 仁清
  • 色絵罌粟文(けしもん)茶壺 仁清
  • 絵唐津柿文三耳壺
  • 絵唐津芦文壺

中国陶磁

  • 青磁下蕪花生(せいじしもかぶらはないけ)
  • 青磁袴腰香炉 (せいじはかまごしこうろ)

その他工芸

  • 金銅蓮唐草文透彫経箱
  • 太刀 銘国村
  • 楼閣人物螺鈿食籠(ろうかくじんぶつらでんじきろう)中国・元)

古筆・典籍類

  • 継色紙(むめのかの)
  • 中務集
  • 定頼集 藤原定家筆
  • 伏見天皇宸翰御歌集(五十六首)
  • 禅院額字 選仏場
  • 理趣経種子曼荼羅
  • 倭漢朗詠抄 巻下
  • 古文孝経(金沢文庫本)

書状類

  • 虎関師錬筆消息(六月十八日 檀渓心涼宛)
  • 後光厳院宸翰御消息(七月廿九日)
  • 後小松天皇宸翰御消息(七月廿五日)
  • 光厳院宸翰御消息(十一月五日)
  • 陽光院御筆消息(七十三通)
  • 藤原定家筆消息(九月十日)
  • 明恵上人筆消息

墨蹟

  • 大燈国師墨蹟 偈語(興作)
  • 大燈国師墨蹟 偈語(夏日)

考古資料

  • 壺形土器(弥生時代)

その他のコレクション

国宝・重要文化財以外にも多数の収蔵品があります。

  • 雪舟 《破墨山水図》
  • 能阿弥 《四季花鳥図屏風》
  • 長谷川等伯 《竹鶴図屏風》
  • 葛飾北斎 《月下歩行美人図》
  • 狩野探幽 《源氏物語 賢木・澪標図屏風》
  • 土佐光起 《須磨・明石図屏風》
  • 酒井抱一 《八ツ橋図屏風》
  • 仙厓義梵 《指月布袋画賛》
  • 仙厓義梵 《○△□》
  • 小杉放菴 《天のうづめの命》
  • サム・フランシス 《ホワイト・ライン》
  • ジョルジュ・ルオー 《「受難」1 “受難”》
  • ジョルジュ・ルオー 《「受難」23 “思い、深いまなざし”》
  • ジョルジュ・ルオー 《「受難」40 “優しい婦人たち…”》
  • ジョルジュ・ルオー 《「受難」46 “十字架の道”II》
  • ジョルジュ・ルオー 《「受難」60 “出現”(墓から出るキリスト)》

エドヴァルト・ムンク、ジョルジュ・ルオーの作品を専用の展示室にて併設展示しています。

展示画家(出光美術館(東京本館))