市原市水と彫刻の丘

市原市水と彫刻の丘は千葉県市原市にある美術館。彫刻展示している展示棟、揚水車付の展望塔、湖面の水上彫刻などがある。平成7年11月に開館。

展望塔には、明治時代多くの農民を干害から救った「藤原式揚水機」 が実物模型で復元されている。高さは28mあり、展望デッキより房総の山々を堪能することができる。

名称
市原市水と彫刻の丘(いちはらしみずとちょうこくのおか)
開館時間
9:30−16:30 (6月1日-9月30日 9:00−18:00)
休館日

月曜日と最終火曜日
年末年始(12月28日-1月4日)

TEL
0436-98-1525
FAX
0436-98-1521
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 200円(160円)
子供 100円( 80円)
6歳未満 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※大人は18才以上 子供は6歳以上

所在地
〒290-0559
千葉県市原市不入75-1

アクセス

電車
小湊鉄道「高滝駅」下車、徒歩15分


館山自動車道「市原I.C」から約40分
国道297号線米沢交差点(牛久)を右折して約15分

市原市水と彫刻の丘 展示品

野外作品

  • 家篠原勝之《飛来》巨大モニュメント
  • 重村三雄《かげろう》水上彫刻

館内作品

  • 片岡晶《人あつまりて顔となる<大顔面>》
  • 永山聡子《遊動律動》
  • たべ けんぞう《スターダスト<星屑>》
  • 立石大河亜《動物彫刻群》