光が丘美術館

光が丘美術館は東京都練馬区にある美術館です。都内最大のニュータウン光が丘に隣接し、光が丘駅から徒歩3分という至便の地にありながらも、屋敷森に囲まれた静かな佇まいの一角にあります。

所蔵美術品は、日本画、陶芸、版画を軸として、日本画壇に若き息吹を送り込む気鋭溢れる作家達による意欲作、陶芸においては田村耕一作品 、その愛弟子による作品収集を特徴としてます。

特に井上員男作「版画平家物語」は六曲十二双半、実に全長76メートルにも及ぶ、屏風仕立ての壮大な絵物語です。

名称
光が丘美術館(ひかりがおかびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日
年末年始

TEL
03-3577-7041
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般・大学生 500円
高・中・小学生 300円

所在地
〒179-0073
東京都練馬区田柄5-27-25

アクセス

地下鉄
都営大江戸線 光が丘駅下車 A1出口から徒歩3分


笹日通り 高松六丁目の交差点を曲り直進1.0km
川越街道 赤塚新町交差点を曲がり田柄五丁目の交差点を右折して0.4km

光が丘美術館 展示品

日本画

  • 木村圭吾 《里の道(軽井沢)》
  • 木村圭吾 《野生の饗宴(滝桜)》
  • 森田りえ子 《花粧》
  • 森田りえ子 《TORICOLOLE》
  • 森田りえ子 《秋・菊》
  • 森田りえ子 《熱国麗華》
  • 中野嘉之 《紺青の刻》
  • 中野嘉之 《水辺その二》
  • 中野嘉之 《紺青の刻》
  • 中野嘉之 《流雲》

陶芸

  • 田村耕一 《鉄絵銅彩ぶどう文大皿》
  • 田村耕一 《ほたるぶくろ壷》
  • 田村耕一 《蓮陶匣》

版画

  • 井上員男 《版画平家物語「扇の的」》
  • 井上員男 《雪国シリーズ「雪国13」》
  • 井上員男 《水郷の風景「印幡沼1」》
  • 井上員男 《人形浄瑠璃「阿波浄瑠璃人形」》
  • 井上員男 《野の花・山の花シリーズ「あやめ」》

展示画家(光が丘美術館)