東広島市立美術館

東広島市立美術館は東広島市立美術館は広島県東広島市八本松にある七ツ池畔の豊かな自然に包まれる美術館。1979年に開館。

駒井哲郎永瀬義郎長谷川潔など近現代の日本を代表する版画家の作品の系統的な収集や、中国地方在住作家の絵画・陶芸作品などの収集を進めています。

また、展覧会ごとに小学生を対象にしたクイズ形式の作品鑑賞企画「アートアドベンチャー」の開催や、美術館ボランティアによる作品解説などを行なっています。

名称
東広島市立美術館(ひがしひろしましりつびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日
12月28日-1月4日
その他必要と認める日

TEL
082-428-5713
FAX
082-427-3058
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

所属作品展
一般  100円(70円)
大学生 70円(50円)
高校生以下 無料
※( )内は20人以上の団体料金
※特別企画展は、そのつど入館料を定めます

所在地
〒739-0144
広島県東広島市八本松南二丁目1番3号

アクセス

自動車
国道486号線の八本松駅前交差点を南へ800m

電車
JR山陽本線八本松駅下車南へ徒歩10分
無料駐車場有

東広島市立美術館 展示品

駒井哲郎永瀬義郎長谷川潔など近現代の日本を代表する版画家の作品。
他にも前川千帆、平塚運一、川西英、清宮質文、黒崎彰、木村光佑、草間彌生、中林忠良、斎藤俊徳、城所祥、日和崎尊夫、柄澤齋、小林敬生、原田拾六、伊勢崎淳、伊勢崎満、金重晃介、金重道明、金重有邦、隠崎隆一、森陶岳、山本出、宮川啓五、竹澤丹一、村上俄山、入野忠芳、遠藤彰子、大久保博、大歳暁、岡崎紀、織田廣喜、柿手春三、小早川篤四郎、田谷行平、中田旱、難波平人、新田稲実、坊一雄、堀研、光岡始、三原捷宏、元川嘉津美、山口長男などの作品を展示する。

展示画家(東広島市立美術館)