国際版画美術館

国際版画美術館は、東京都町田市にある版画に関する市立の美術館である。版画専門の美術館として1987年、芹ヶ谷公園内に開館。展示室のほかに版画工房、アトリエを備える。

コレクションは古今東西の版画の歴史をカバーし、版画のことならすべて理解できることを目指して形成されたユニークなもの。

1万9千点におよぶ収蔵品のなかには歌川広重の『東海道五拾三次』全55点そろいや、貴重な葛飾北斎の『百人一首うばがゑとき』をはじめ、棟方志功池田満寿夫といった著名な作家の作品が多数ある。

また海外作品もアルブレヒト・デューラーレンブラントなどのヨーロッパの古い版画からゴヤピカソらの名品、そして現代の作品にいたるまで、幅広く収蔵。

国際版画美術館
名称
国際版画美術館(こくさいはんがびじゅつかん)
開館時間
火-金曜日 10:00-17:00
土・日曜日、祝日 10:00-17:30
(入場は終了時間の30分前まで)
休館日

月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)
12月28日-1月4日
※ほかに臨時休館する場合があります。

TEL
042-726-2771
FAX
194-0013
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展示
無料

企画展示
展覧会により料金が変わります

所在地
〒194-0013
東京都町田市原町田4-28-1

アクセス

町田駅から徒歩15分、芹ヶ谷公園内。
駐車場もあります。

国際版画美術館 展示品

1万9千点におよぶ収蔵品のなかには歌川広重の『東海道五拾三次』全55点そろいや、貴重な葛飾北斎の『百人一首うばがゑとき』をはじめ、棟方志功や池田満寿夫といった著名な作家の作品が多数ある。

また海外作品もアルブレヒト・デューラーやレンブラントなどのヨーロッパの古い版画からゴヤ、ピカソらの名品、そして現代の作品にいたるまで、幅広く収蔵。

展示画家(国際版画美術館)