玉堂美術館

玉堂美術館は青梅市御岳にある日本画壇の巨匠・川合玉堂の作品を展示した美術館。昭和36年5月に開館。建築設計は数奇屋建築の名手で芸術院会員の吉田五十八。奥多摩の自然と見事に融合している。

展示作品は、15歳ごろの写生から84歳の絶筆まで幅広く展示。展示替は年7回行われ、その季節に見合った作品が展示されている。

川合 玉堂

川合 玉堂(かわい ぎょくどう、本名:川合 芳三郎、1873年 - 1957年)は、明治から昭和にかけて活躍した日本画家。日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意とした。

愛知県葉栗郡外割田村(現在の一宮市木曽川町)生まれ。1890年、17歳より「玉堂」と号する。23歳のとき上京し橋本雅邦に師事する。岡倉天心、雅邦、横山大観らの創立した日本美術院(1898年)には当初より参加。

1900年頃からは私塾「長流画塾」を主宰、1907年には第1回文部省美術展覧会(文展)審査員に任命され、また1915年からは東京美術学校日本画科教授となり、日本画壇の中心的存在の一人となる。1940年には文化勲章を受章。

戦時中の1944年に、かねてより頻繁に写生に訪れていた東京都西多摩郡三田村御岳(現・青梅市)に疎開、住居を「偶庵」、画室を「随軒」と称する。同地の自然を愛する玉堂は戦後もそのまま定住、同地で1957年没した。

玉堂美術館
名称
玉堂美術館(ぎょくどうびじゅつかん)
開館時間
3月-11月 10:00-17:00
12月-2月 10:00-16:30
(入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日)
年末年始(12月25日-1月4日)、臨時休館

TEL
0428-78-8335
FAX
198-0174
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人・大学生 500円(400円)
中学・高校生 400円(300円)
小学生 200円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒198-0174
東京都青梅市御岳1-75

アクセス

JR青梅線「御嶽駅」より徒歩3分

電車
新宿駅からJR中央線「立川駅」乗り換え、JR青梅線「御嶽駅」まで約1時間30分
川崎駅よりJR南武線「立川駅」乗り換え、JR青梅線「御嶽駅」まで約1時間45分
横浜駅よりJR横浜線「八王子駅」乗り換え、JR八高線「拝島駅」経由、JR青梅線「御嶽駅」まで約1時間50分

お車
新宿より中央自動車八王子I.Cから国道411号線-吉野街道で約1時間30分
練馬I.Cより関越自動車鶴ヶ丘J.C.T経由、圏央道青梅I.Cから青梅街道-吉野街道で約1時間15分

玉堂美術館 展示品

川合玉堂の作品

展示画家(玉堂美術館)