福岡市美術館

福岡市美術館は、福岡県福岡市中央区にある市立の美術館。水と緑に恵まれた大濠公園内にある。

建築家ル・コルビジエの弟子が建築設計。展示室は近現代美術ゾーンでは、ミロダリシャガールなど世界的な巨匠の作品や青木繁東郷青児坂本繁二郎など九州出身の名画家の作品など、内外の20世紀のモダンアートや日本画を紹介するコーナーのほか、企画展示室がある。

また古美術ゾーンでは重要文化財を含む、茶道具で有名な松永コレクションを展示する松永記念館室、藤原時代の仏教彫刻を展示する東光院仏教美術室、東洋の古美術品を展示する古美術企画展示室がある。郷土出身の黒田清輝青木繁らの作品も収蔵されている。

福岡市美術館
名称
福岡市美術館(ふくおかしびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:30
7・8月は日曜日、祝日を除き19:30まで
(入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始

TEL
092-714-6051
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 200円(150円)
高・大生 150円(100円)
小・中生 無料
※福岡市発行のシルバー手帳、療育手帳、又は身体障害者手帳、精 神障害者保険福祉手帳所持者は無料
※( )内は20人以上の団体料金常設展示

特別展
各展覧会によって料金が異なります。

所在地
〒810-0051
福岡県福岡市中央区大濠公園1-6

アクセス

  • 地下鉄:大濠公園下車、徒歩10分
  • 西鉄バス:「城内美術館東口」下車、徒歩3分/「赤坂3丁目」下車、徒歩5分

福岡市美術館 展示品

近現代

  • 靉嘔 《絵物語 Ms. and Mr. Rainbow》
  • 松本竣介 《彫刻と女》
  • 藤野一友 《抽象的な籠》
  • 三岸好太郎 《海と射光》
  • 青木繁 《秋声》
  • 吉田博 《穂高山》
  • 斎藤義重 《作品2》
  • 冨田溪仙 《御室の桜》
  • 坂本繁二郎 《大島の一部》
  • バリー・フラナガン 《三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ》
  • ポール・デルヴォー 《夜の通り(散歩する女たちと学者)》
  • ジャン=ミシェル・バスキア 《無題》
  • アンディ・ウォーホル 《エルヴィス》
  • アンディ・ウォーホル 《キャンベル・スープ》
  • マーク・ロスコ 《無題》
  • コンスタンティン・ブランクーシ 《雄鳥》
  • ジョアン・ミロ 《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子》
  • マルク・シャガール 《空飛ぶアトラージュ》
  • アニシュ・カプーア 《虚ろなる母》
  • ジャン・デュビュッフェ 《もがく》
  • フランク・ステラ 《バスラ門II(分度器シリーズ)》
  • ルイ=ジョゼフ=ラファエル・コラン 《海辺にて》
  • サルバドール・ダリ 《ポルト・リガトの聖母》
  • ルーチョ・フォンタナ  《空間概念》

古美術

  • 《風神像》
  • 《日光菩薩立像》(重要文化財)
  • 《色絵牡丹尾長鳥文壺》
  • 《色絵吉野山図茶壺》(重要文化財)
  • 《金剛般若経開題残巻》(重要文化財)
  • 《妙総大師道潜墨蹟》(重要文化財)
  • 《花鳥螺鈿描金盒子》
  • 《鍋島染付山水図皿》
  • 《華角貼四層箪笥》
  • 尾形乾山 《花籠図》(重要文化財)
  • 仙厓義梵 《円相図》
  • 宮本武蔵 《布袋見闘鶏図》(重要文化財)
  • 土佐光起 《源氏物語図屏風》
  • 狩野元信 《豊干・寒山拾得図》

展示画家(福岡市美術館)