福岡アジア美術館

福岡アジア美術館は、福岡県福岡市博多区下川端町3番1号の博多リバレイン7階・8階にある、福岡市が運営する美術館である。1999年3月6日に開館した。

アジア各国の近現代を中心とした絵画等の収集、保管、展示を行っている。 また、おおむね3年に一回の割合でこの美術館全体を使ってアジアの芸術家などの現代美術の作品を紹介する「福岡トリエンナーレ」が行われる会場でもある。

名称
福岡アジア美術館(ふくおかあじあびじゅつかん)
開館時間
10:00−20:00(入場は19:30まで)
休館日

水曜日(休日の場合はその翌平日)
年末年始(12月26日-1月1日)

TEL
092-263-1100
FAX
092-263-1105
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

アジアギャラリー
一般 200円(150円)
高・大生 150円(100円)
中学生以下 無料
※特別展観覧料は別に定めます。
※( )内は、20人以上の団体料金

所在地
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタ-ビル7・8階

アクセス

電車・バス

  • 福岡空港から市営地下鉄「福岡空港」駅より9分、「中洲川端」駅下車6番出口より徒歩すぐ
  • JR「博多」駅から市営地下鉄「博多」駅より3分、「中洲川端」駅下車6番出口より徒歩すぐ
  • 西鉄「福岡」駅から「天神」駅より1分、中洲川端駅下車6番出口より徒歩すぐ
  • 西鉄バス「川端町・博多座前」バス停下車、徒歩すぐ

  • 太宰府方面から 都市高速千代ランプより車で約7分
  • 北九州・唐津方面から 都市高速呉服町ランプより車で約5分
    (昭和通りより博多リバレイン地下駐車場(有料)をご利用下さい。)

福岡アジア美術館 展示品

  • 方力鈞 《シリーズNo.3》(中国)
  • 王宏剣 《山の野辺送り》(中国)
  • 羅氏三兄弟 《我、北京天安門を愛す #29》(中国)
  • 金昌烈 《水滴》(韓国)
  • タワン・ダッチャニー 《マーラの戦い》(タイ)
  • 李禹煥 《線より》(韓国)

日本の彫刻/インスタレーション

  • 伊藤隆介 《Realistic Virtuality(現実的な仮想性)》
  • 牛嶋均 《人智の研究ver.2---キチ+リヤカー》
  • 小沢剛 《醤油画資料館》
  • 須田悦弘 《雑草》
  • 角孝政 《装甲可変生命体 カラッパ》
  • 藤浩志 《お米のカエル墓石となる》
  • 柳幸典 《大東亜仮想通貨千羽鶴》

展示画家(福岡アジア美術館)