愛媛県美術館

愛媛県美術館は、愛媛県松山市、国指定史跡の松山城跡内にある美術館。愛媛県民館(1953年に完成。設計は丹下健三)を跡地として、1998年に開館。

南館(旧愛媛県立美術館)には県民ギャラリー・県民アトリエ、分館には萬翠荘(1922年に旧松山藩主の子孫久松定謨が建てた別邸で現在は郷土美術館)として使われている

モネボナールセザンヌ等の海外作家の作品や、近代日本を代表する安田靫彦中村彝等の作品、また現代美術では白髪一雄靉嘔等の作品を収集。

郷土出身作家である杉浦非水真鍋博田窪恭治等のコレクションも加わって、現在10,000点余りを収蔵。

愛媛県美術館
名称
愛媛県美術館(えひめびじゅつかん)
開館時間
9:40−18:30(入場は18:00まで)
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日。ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館)
年末年始(12/29-1/3)

TEL
089-932-0010
FAX
089-932-0511
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
大人 300円 (240円)
大学・高校生 200円 (160円)
小中学生 無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※65歳以上、障害者手帳等をお持ちの方(介護が必要な場合は、介護者1名を含む)は常設展無料

企画展
展覧会により異なります。

所在地
〒790-0007
愛媛県松山市堀之内

アクセス

  • JR「松山駅」より「道後温泉」または「市駅前」行き市内電車に乗車、「南堀端 愛媛県美術館前」下車、徒歩1分
  • 松山観光港よりリムジンバス乗車、「市駅」下車、徒歩5分
  • 松山空港より車で約15分

愛媛県美術館 展示品

江戸から明治

  • 松本山雪 《製茶風俗図屏風》
  • 遠藤広実 《山水之図》
  • 大内蘚圃 《群猿》
  • 塩川文麟 《梅花書屋図》
  • 天野方壺 《風雨之図》
  • 狩野芳崖 《老松小禽図》
  • 歌川国芳 《誠忠義士傳》

明治から大正、戦前

  • 梶田半古 《鵯越》
  • 正岡子規 《白梅図》
  • 菱田春草 《放鶴》
  • 鈴木松年 《山水図》
  • 横山大観 《曳船》
  • 竹内栖鳳 《花の山》
  • 安田靫彦 《守屋大連》
  • 富岡鉄斎 《鮮魚図》
  • 都路華香 《舞子濱図》
  • 村上華岳 《雪解の庭》
  • 土田麦僊 《柳蔭》
  • 速水御舟 ほか 《大正12年日本美術院同人画集》
  • 平福百穂 《蕗の薹・かけ稲》
  • 山元春挙 《春の海》
  • 矢野鉄山 《孤琴涓潔》
  • 速水御舟 《ベルラジオの裏街》
  • 安田靫彦 《古事記》
  • 小林萬吾 《芝増上寺》
  • 中川八郎 《風景(投網)》
  • 岸田劉生 《千家元麿像》
  • 杉浦非水 《三越呉服店 春の新柄陳列会》
  • 中村彝 《自画像》
  • 柳瀬正夢 《木と降る光》
  • 安井曾太郎 《樹蔭》
  • 坂本繁二郎 《ブルターニュ》
  • 藤田嗣治 《立つ裸婦》
  • 前田寛治 《裸婦》
  • 北川民治 《ロバ》
  • 中野和高 《風景を配せる我家族》
  • 野間仁根 《夜の床》
  • 石崎重利 《幟立つ瀬戸》
  • 里見勝蔵 《和服の女》
  • 海老原喜之助 《幸せな雪の村》
  • 畦地梅太郎 《瓶ヶ森》
  • 古茂田公雄 《炭鉱夫(出坑)》

戦後から現代

  • 前田青邨 《鯉 三題》
  • 川端龍子 《荒海》
  • 福田平八郎 《雉》
  • 福井江太郎 《流》
  • 岩波昭彦 《マンハッタン》
  • 古茂田守介 《ビワ》
  • 鳥海青児 《石の街》
  • 元永定正 《作品(62-01) 》
  • 香月泰男 《朝陽》
  • 難波田龍起 《コンポジション(青)A 》
  • 脇田和 《白い鳥》
  • 高田誠 《山湖残雪》
  • 猪熊弦一郎 《LANDSCAPE L.O. 》
  • 靉嘔 《Rainbow Rain 》
  • 小磯良 《平婦人像》
  • 田村孝之介 《裸婦臥像》
  • 中西夏之 《作品-たとえば波打ち際にてⅩⅢ 》
  • 山口勝弘 《ヴィトリーヌ 白のカリグラフィー》
  • 山口勝弘 《ヴィトリーヌ 空中の花》
  • 真鍋博 《蒲団》
  • 真鍋博 《旅 1971年4月号 《大気は走り、地球は巡る》》
  • 李禹煥 《刻みより》
  • 李禹煥 《突きより》
  • 小清水漸 《a tetrahedron - 鋳鉄》(1992年再制作)
  • 芥川久 《遠くの声》
  • 吉田勝彦 《小さな永遠》
  • 田窪恭治 《黄昏の娘たち(83-3) 》
  • 小清水漸 《舟・赤い》
  • 榎倉康二 《干渉(STORY-No.19) 》

西洋美術

  • ジャン=バティスト=カミーユ・コロー 《ヴィル=ダヴレー 白樺のある池》
  • メダルド・ロッソ 《門番の女》
  • クロード・モネ 《アンティーブ岬》
  • ピエール・ボナール 《アンドレ・ボナール嬢の肖像 画家の妹》
  • アルフォンス・ミュシャ 《『ロレンザッチオ』のポスター》
  • オディロン・ルドン 《アポロンの馬車》
  • マックス・ペヒシュタイン 《祭日の焼肉を射る》
  • マックス・ペヒシュタイン 《水浴する人々》
  • アンドレ・ロート 《マルグリットの肖像》
  • ヴァシリー・カンディンスキー 《生き生きとした白》
  • マリノ・マリーニ 《踊り子》
  • オシップ・ザッキン 《恋人達 または、2つのトルソの親密性》
  • ジャン・アルプ 《ギュール》
  • ウジェ―ヌ=ルイ・ブーダン 《ブレスト、停泊地》
  • ポール・セザンヌ 《水の反映》

展示画家(愛媛県美術館)