千葉市美術館

千葉市美術館は、千葉県千葉市中央区にある、中央区役所と美術館が一体となった複合施設。平成7年に開館。

建物を象徴するのは1-2階のさや堂ホールで、昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物を保存・修復、さらに現代の文化活動に対応できるように改修。美術館はこの建物を包み込むように建てられ、新旧の建物が一体となっている。

7階と8階が展示室、さらに図書室やミュージアムショップ、レストラン、各種貸し出しスペースなど、様々な機能を持つ都市型の美術館となっている。

収蔵品は石井林響板倉鼎菅谷元三郎椿貞雄無縁寺心澄浜口陽三などの房総ゆかりの美術家たちによる作品、葛飾北斎跡見泰などによる房総を描いた作品がある。

また、浮世絵をはじめとする日本の近世絵画・版画、近代版画、1945年以降の日本と海外の現代美術なども収蔵・展示している。

名称
千葉市美術館(ちばしりつびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00(金曜・土曜は20:00まで)
※入館受付は閉館30分前まで
休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日-1月3日)、展示替期間

TEL
043-221-2311
FAX
043-221-2316
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 200円(160円)
大学・高校生 150円(120円)
中学・小学生 無料
※( )内は30名以上の団体料金
※企画展の入場料は展覧会毎に異なります

所在地
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8

アクセス

JR「千葉駅」東口より

  • 徒歩約15分
  • 千葉都市モノレール県庁前方面行「よしかわ公園駅」下車徒歩5分
  • 京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分
  • JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

京成「千葉中央駅」東口より徒歩約10分

車(東京方面より)
京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

千葉市美術館 展示品

房総ゆかりの作家

  • 石井 林響 《王者の瑞》
  • 板倉 鼎 《椅子に寄る女》
  • 菅谷 元三郎 《老人像》
  • 椿 貞雄 《春夏秋冬極楽図》
  • 無縁寺 心澄 《街と海》
  • 浜口 陽三 《19と1つのさくらんぼ》

房総ゆかりの作品

  • 葛飾 北斎 《千絵の海 総州銚子》
  • 跡見 泰 《蛸壺》

近世・近代の日本絵画・版画

絵画

  • 長沢芦雪・曽道怡 《花鳥蟲獣図巻》
  • 喜多川 歌麿 《納涼美人図》
  • 中村 芳中 《白梅図》
  • 浦上 玉堂 《雨褪臙脂図》

版画

  • 鳥居 清倍 《市川団十郎の虎退治》
  • 鈴木 春信 《鞠と男女》
  • 鳥居 清長 《美南見十二候 九月(漁火)》
  • 東洲斎 写楽 《三代目大谷鬼次の江戸兵衛》
  • 葛飾 北斎 《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》   
  • 歌川 国芳 《相馬の古内裏》
  • 戸張 孤雁 《玉のり》
  • 橋口 五葉 《浴場の女》
  • バートレット 《ベナレス》   
  • 恩地 孝四郎 《『氷島』の著者 萩原朔太郎像》

版本

  • 北尾 政演 《『吉原傾城新美人合自筆鏡』》
  • 北尾 政美 《『来禽図彙』》

現代美術

  • 比田井 南谷 《作品1(電のヴァリエーション) 》
  • 柳原 義達 《黒人の女》
  • 菅井 汲 《10秒前》
  • 福嶋 敬恭 《無題(1)》
  • 八木 正 《中間子》
  • 草間 彌生 《幻の青春をあとにして》

展示画家(千葉市美術館)