東京国立近代美術館工芸館

東京国立近代美術館工芸館は、近代美術の中でも工芸およびデザイン作品を展示紹介する、東京国立近代美術館の分館として、1977年11月15日に開館しました。

建物は、1910年3月に陸軍技師・田村鎮(やすし)の設計により、旧近衛師団司令部庁舎として建築されました。明治洋風レンガ造り建築の一典型として重要文化財に指定されています。

工芸館では、明治以降の日本と外国の工芸およびデザイン作品を収集しています。とくに多様な展開を 見せた戦後の作品に重点が置かれ、陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィック・デザインなどの各分野にわたって、総数は約2700点を収蔵しています。

東京国立近代美術館工芸館
名称
東京国立近代美術館工芸館(とうきょうこくりつきんだいびじゅつかんこうげいかん)
開館時間
10:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜日
(祝日または振替休日に当たる場合は開館、翌日休館。但し展覧会によって特別に開館することがあります)
展示替期間/年末年始(12月29日~1月1日)

TEL
03-3211-7781
FAX
03-3211-7783
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

所蔵作品展

一般 200円
大学生 70円
高校生以下(または18歳未満)、65歳以上、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方、障害者手帳等をお持ちの方(付添者は原則1名まで)は無料

○入館の際、学生証、障害者手帳等をご提示ください

*工芸館の企画展チケットをお買い求めいただいた場合、同日に限り、美術館の所蔵作品展(休館日を除く)をご覧いただけます

企画展

その都度別に定めます

所在地
〒102-0091
東京都千代田区北の丸公園1-1

アクセス

東京国立近代美術館工芸館は北の丸公園内にあります。

電車の場合

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
都内主要ターミナル駅からのアクセス方法
(乗換時間は含みません/所要時間は目安です)

東京駅から

  • 東京駅(東京メトロ丸の内線:池袋方面 1分)→大手町駅(東京メトロ東西線:中野方面 2分)→竹橋駅
  • 東京駅(徒歩 8分)→大手町駅(東京メトロ東西線:中野方面 2分)→竹橋駅

上野駅から

  • 上野駅(東京メトロ銀座線:渋谷方面 8分)→日本橋駅(東京メトロ東西線:中野方面 4分)→竹橋駅

渋谷駅から

  • 渋谷駅(東京メトロ半蔵門線:水天宮前方面 11分)→九段下駅(東京メトロ東西線:西船橋方面 2分)→竹橋駅
  • 渋谷駅(東京メトロ銀座線:浅草方面 18分)→日本橋駅(東京メトロ東西線:中野方面 4分)→竹橋駅

新宿駅から

  • 新宿駅(都営地下鉄新宿線:本八幡方面 8分)→九段下駅(東京メトロ東西線:西船橋方面 2分)→竹橋駅
  • 新宿駅(JR総武線各停:津田沼方面 12分)→飯田橋駅(東京メトロ東西線:西船橋方面 4分)→竹橋駅

池袋駅から

  • 池袋駅(東京メトロ有楽町線:新木場方面 9分)→飯田橋駅(東京メトロ東西線:西船橋方面 3分)→竹橋駅

お車の場合

美術館には駐車場はございません。周辺にある下記の有料駐車場をご利用ください。なお障害者の方を乗せた車は、美術館の前庭に駐車可能です。建物前におります警備員の許可を得てください。

北の丸公園駐車場(03-3212-2321)
営業時間  8:30-22:00
*18:30までに入庫、22:00までに出庫してください。
3時間400円(3時間以降は1時間毎に100円加算)

パレスサイドビル駐車場(03-3213-4323)
24時間営業
30分300円

東京国立近代美術館工芸館 展示品

工芸館では、明治以降今日までの日本と外国の工芸及びデザイン作品を収集しています。

収集は特に多様な展開を見せた戦後の作品に重点がお かれていますが、なかでも、人間国宝の工芸家の作品については、極めて充実した内容といえます。

陶磁器、ガラ ス、染織、漆工、木竹工、金工、人形、工業デザイン、グラフィックデザインなどの各分野にわたって、総数約2700点を収蔵しています。

近代の工芸及びデザイン全般にわたって、幅広く収集を行っている美術館は国内でも珍しく、その内容においても、国内随一のコレクションといえるでしょう。

  • 宮川香山《色入菖蒲文花瓶》1897-1912年頃
  • 鈴木長吉《十二の鷹》1893年
  • 六角紫水《金胎蒔絵唐花文鉢》1935年頃
  • クリストファー・ドレッサー《クラレット・ジャグ》1878年